現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

◎心揺らした漫画・ドラマ・映画の感想をレビューしております!
このブログをはじめてはや11年----。アクセス数は 2017年1月 現在 1.116.633----となりました!!ありがとうございます。とはいえ・・この頃はほとんど更新もないありさまで恐縮です。
今後も「書きたいときに書く!」---でやっていきますのでよろしくお願いします!
wannko.jpg
 くろねこ懐かし漫画を語る
 ◎第1弾 ★風と木の詩
 ◎第2弾 ★MONSTER
 ◎第3弾 ★残酷な神が支配する
◎第4弾 ★はみだしっ子★はみだしっ子:あらすじ
  ◎第5弾 ★ポーの一族 ★ポーの一族:あらすじ
 ◎第6弾 ★あさきゆめみし★あさきゆめみし相関図
 ◎第7弾 ★ガラスの仮面★ガラスの仮面年表
 ◎第8弾  ★王家の紋章★王家の紋章年表
映画感想 くろねこ映画ブログへ←こちら♪
        ★バナー絵はふわふわ。り様です
 ★第1話~39話 ★第40話~50話 ★51話~60話
monster.jpg
第68話「ルーエンハイム」
ドイツの田舎町「ルーエンハイム」に降り立つルンゲ・そしてグリマー。
「私たちは別の手がかりから ここにたどり着いたようですね」
ニナやテンマもじき現れるだろう・・。そしてヨハンはすでにここにいる・・!?
そう・ここは「フランツ・ボナパルタ」が住んでいる町なのだ
ヨハンはここで必ず何かを起こす! 2人はそう確信しているようです。
町はずれの家の中で発見した何枚も何枚も描かれた双子の絵をみつめ・・
ボナパルタの思いを探る2人---。
いったい何が起ころうとしているのか・・不気味ながら嵐の前の静けさ漂う回



続きを読む »

ある日「 石洗い(不浄になった石や岩を清める妖)」の描く美しい絵』を見つけた夏目は
その妖(ナナマキ)に頼まれて消えてしまった弟子アズマを探すことになります。 
5d510eb5-s.jpg
夏目大好きな妖たちも大集合~~!!
夏目を手助けしてくれてます。でもなぜか先生はのり気じゃないみたいで!?
さぁ・・どんなことになるのでしょうか・・・>

★夏目友人帳1~5期 こちら
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ


続きを読む »

コチラもレビューしてなかった!!記しときます!!

★1~5巻感想こちら♪★1~5巻(泣けるお話BEST5)こちら★6巻 ★7巻 ★8巻 ★9巻 ★10巻 ★11巻 ★12巻 ★13巻 ★14巻 ★15巻 ★16巻 ★17巻 ★18巻★19巻 ★20巻 
 
★アニメ夏目友人帳はコチラ
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ

続きを読む »

BLを超えた重厚な物語。

いまさらですが 記しときます。
ま・・正直ちと小難し~くなってるので・・・おさらい---です。

続きを読む »

6期) 第1話 「つきひぐい」(原作20巻)
お礼にお前さまを若返らせてさしあげよう
6-1夏目
妖つきひぐいを助けたことで子どもに戻っちゃった夏目。記憶までなくしてしまいさすがのニャンコ先生も大慌てです。
先生は田沼とタキに夏目を託し つきひぐいを探すことに。さぁ・・どんなことになるのかな?

★夏目友人帳 1期~5期

続きを読む »

先日東京MXでの再放送分が終了した。(1955年に放送全33話・世界名作劇場)放映されてた当時も好きだったけど やっぱり大好き。とってもいい作品です!!
C39YnxhUkAA_cEB.jpg
原作はリザ・テツナーの『黒い兄弟』少年売買や労働の苛酷さが描かれた作品とのことですが、アニメでは 主人公ロミオと親友アルフレドの絆を中心に煙突掃除屋として生きる少年たちの友情とロミオの成長の物語が展開します。
前半は 人身売買・過酷な労働・過酷な境遇-下で生きる彼らの辛い様子が描かれるんだけどロミオはそこで親方の信頼を得、ある女の子を救い、煙突掃除の子たちと友情を育み、やがて敵対する狼団とも友情を結び、そして学ぶことの大切さにきずく--。
ラストでは 教師になるまでに成長するロミオです。
彼にその夢をくれたもの。その夢を叶えさせたもの--。それこそが アルフレドとの出会だったのです。

なんてったって このアルフレドの美しさ 凛々しさに うっとり・・・。
実は貴族マルティーニ子爵の遺児なのだ。
ef1dcd96-80c5-434b-9b69-e4914ded48dc.jpg
勉強家で 優しくて 寛大で---いつも皆のリーダーだったアルフレド。そんな彼はロミオの憧れの存在であり なりたい自分でした。でも、そんなロミオに彼は言います。
「君は何にも知らないんだな。僕がどんなに君に救われているかってことを--」
彼にとって 健康で明るく行動的なロミオは---やはりなりたい自分だったのです。そしてアルフレドはきづく。 
ロミオは---自分の夢なのだと---。
実は彼にはしなければならないことがありました。それは自分と妹ビアンカにかかった親殺しの汚名を晴らすこと。 それは両親を奪った叔父夫婦への復讐でもあったのです。
皆の力を得て見事それを成し遂げた彼は静かに天に召されていきました。(爆泣き・・)
悲しみと絶望の中でアルフレドの言葉を思い出すロミオ.「人は皆自由なのだ。誰もが平等で 争いもないそんな時代がきっと来る----」その時ロミオは決意するのです。自分がやらなければ--アルフレドの代わりに---。
アルフレドはロミオに、夢や希望そしてそれを叶える勇気をもくれたのです。
狼団のボスジョバンニも誓う。新たに来る「黒い兄弟」と永遠に協定を結ぶ(仲良くする)ことを。
アルフレドは 彼の思いは、こうしてロミオだけでなくここにいる皆の中で引き継がれていく---。
きっと彼は 空の上からロミオとともにあの日夢見た世界を--見つめているに違いありません・・(涙)

「Si Si Ciao 今だけさよなら。ロマナの丘でね また会おうよ・・」主題歌「空へ--」もいい曲だけど  今回↑のエンディング「Si Si Ciao 」に不覚にも涙がこぼれてしまった。この丘--が天国のことなのか・・なんて思ったら切なくて。世界名作ってやっぱ深いね----。
大人も子供も・・楽しめる作品です!ぜひご覧になってくださいね。
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
白泉社の少女漫画雑誌『LaLa』も昨年40周年を迎えたそうです。 
現在も新潟にて--原画展開催中のようですよ! 
 image5_2017011407483544a.jpg
私の漫画人生はこの雑誌あってこそ---(笑)!
遅れましたが・・私の大好き『LaLa』作品ご紹介します---♪
★山岸凉子「日出処の天子」
大島弓子「綿の国星」
木原敏江「摩利と新吾」
★津田雅美「彼氏彼女の事情」
★葉鳥ビスコ「桜蘭高校ホスト部(TV)」
★ひかわきょうこ「彼方へ」
★樋野まつり「バンパイア騎士」
★成田美名子「エイリアン通り」他
★樹なつみ「OZ」他
★清水玲子、「輝夜姫」他
★緑川ゆき「夏目友人帳」他
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ

続きを読む »

東京スカイツリーにて りぼん60周年を記念したイベント。
「250万乙女のときめき回廊」が開催!
「りぼん」 付録が楽しみで毎月 親に買ってもらってましたわ~~。思い出もひとしおです~~!!

skytree.png
期間 2017年 1/9 ~ 3/31----。 詳しくはコチラでね♪
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ

下記は 過去 レビューした[王様のブランチにて発表(2015.7)された「りぼん人気作品BEST5」です。
よかったらみて下さい--♡


1位.『ときめきトゥナイト』 池野恋(集英社)
吸血鬼と狼女を両親にもつ江藤蘭世と真壁俊くんの不思議ラブコメ
 

 
2位 『天使なんかじゃない』 矢沢あい
くろねこも大好き作品です。レビューはコチラ



3位『ママレード・ボーイ』 吉住渉
親がお互いのパートナーを交換して再婚。同居~!っととんでもない環境の中で同居することになった2人のラブストーリー。遊のかっこよさにはドキドキしました♡



4位『姫ちゃんのリボン』 水沢めぐみ
変身モノ。姫ちゃんに元気をもらいましたね!スマップの主題歌も良かった♡



5位『こどものおもちゃ』 小花美穂
くろねこも大好き作品。レビューはコチラです♪

ちなみにくろねこによるりぼんBEST5は以下の通り。で~~す!!
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ



続きを読む »

★第1話~39話 第40話~50話
51話~↓続くよりお入りください

yjimage.jpg
★第51話「怪物のラブレター」
テンマ逮捕の報道に困惑するワインハルトたち。しかしテンマの旅で出会った人々が テンマに命を救われた人々が動き出す
皆テンマの無実を信じていたのだ。、そしてエヴァ--も登場--。「私しかテンマを救えない--」相変わらずの自堕落っぷりながら憎しみと愛情が混濁する彼女の複雑な心情はクるものがありますね。そして真実を追い赤いバラの屋敷にたどり着いたルンゲはソコである手紙(恋文)を発見。彼はようやく自分の過ち(新たな怪物の存在)にきづいたようだ・・。



続きを読む »

--------------------------- --------------------------------------------------------------- -------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |  NEXT»»