現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

相手がどんな目をだしてくるか--
ソレにどう応えるか-!
考えるだけでゾクゾクするわ-!! 
 
midokoro35004.png
死の淵からよみがえった清盛は出家を決意し--
都を離れ遠く離れた福原へ隠居すると宣言する---
「・・隠居などではない 奴は目を進めただけ---」
そんな清盛をまさに見抜いていた後白河上皇は
自らもまた目を進める準備を開始したようです。
私はそんな殿をみているだけでゾクゾク致しまする!!
まさに私もそんな感じでございまする~~!!
0000063377.jpg

続きを読む »

己の心に和をもつ事
ソレこそが 泰平の世を作ること----

江の、浅井三姉妹の、波乱の人生、遂に終焉!!
樹里ちゃんきれいだったなーー。
esaisyuukai.jpg
母市は女の人生は戦いだ---といってましたが江の出した答えは
「生きていくことは喜びそのもの」
時の権力者に翻弄されながらも 多くの子を持ち
夢見た泰平の世を夫婦そろって見つめていたラストを見ると
ソレも納得。しかしながら伝えるべき彼女の業績は
むしろココからだったりしないのか・??
0000063377.jpg



続きを読む »

「互いに 不器用よのぅ」
「親子ですゆえ・・・」

家康の死を前にしてようやく心を繋げた2人・・。
北大路さんの涙にやられました!!お疲れさまでした--。
ieyasu12345.jpg

犬の散歩で出かけた公園で駐禁をとられ---
突然のゲリラ豪雨で多量に干してあった洗濯物が全滅--
そして応援してたバレーが敗戦で終わった---
のせいか泣けた泣けた~!!おかげでちょっと
スッキリした。でも福のおかげで---
ヤッパムリだわっ!!(苦笑)
0000063377.jpg

続きを読む »

ブラジルに勝利--!! 
こちらは豊臣に勝利した徳川!!
そこには 歓喜する福&竹千代と
淀の死に---悲しみに沈む江&千の姿が---

36kai.jpg
2人に責められ秀忠はいう
あの時私の中で何かが死んだのだと--
その涙に江もようやく---
徳川のトップとしての夫の重責と苦悩
きづいた様ですねー。
0000063377.jpg

続きを読む »

昨晩はバレーボールを選びました!!
結果は残念だったけど、今後も応援優先のくろねこです--♪
姉を止めたい----
和議を願い徳川と豊臣の間で尽力する初ですが
hatuuuu.jpg
戦なくして、泰平はなし----
もはや家康の心をかえることはかなわず--
徳川を倒す---淀&秀頼の心ももはや1つだったよう。
大阪夏の陣--それは互いに
引き返すことのできない戦いだったのですねー。
0000063377.jpg

続きを読む »

---豊臣の世は、とうに終わっておったのか----
seirowodeukotoharimasenn.jpg
大阪冬の陣--そこには淀が期待した現役の大名の姿はなく-
集まったのは「関ヶ原の戦い」のあと厳しい生活を強いられていた牢人たち
名将真田幸村、長宗我部盛親、毛利勝永ら以外は
豊臣の為に戦っていたのかは疑問なところ。
(彼らでさえも心1つだったわけではなかったようですね-)
淀にもこの戦いの終焉は見えていたのかもしれません
それでも--戦う事を選んだ淀--
徳川の攻撃で崩れゆく城をみつめ
秀頼にも--徳川への憎しみが生まれた様です・・・
もはや勝つか負けるか-
--城の外にも生きる道はあります----
秀忠の思いや言葉はもはや甘ちゃんの戯言化したようですね--(涙)
↓へ続く♪--!!0000063377.jpg

続きを読む »

秀忠や秀頼は共に並び、世を治めることを切望していたようですが
家康は 天下太平の世にする為には
豊臣家を一大名に転落させることが必要不可欠!!と譲らない。
ieyasu12345.jpg

仏開眼供養の鐘に書かれた文字にいちゃもんをつけ
現れた豊臣の使者2人に違う答えを渡し混乱させたり
淀と秀頼に大阪城を去ることを要求したりと---
次々と策を嵩じ豊臣を追い詰めていく家康(方広寺鐘銘事件)
これに怒った淀がその要求を拒否したことにより
遂に徳川VS豊臣の戦いが勃発----。

--今は耐える時--秀忠&江を信じ淀の怒りを抑え続けた秀頼は
とっても賢明な子に思えましたねー。それに比べて竹千代ったら・もごもご
家康さんが豊臣と肩を並ることを考えられない理由も
わかる気もしたりして・・(苦笑)
0000063377.jpg

39話「運命の対面」/ 40話「親の心」

前回レビューできなかったモノで。入れマジっとります---
秀忠が将軍就任し御台所となった江は次男国松を出産。
長男は乳母福が--次男は江が育てることになったようですね。
3simai.jpg

しかしその間
乳母と母の間で生まれた確執は--
兄竹千代の体と心を蝕ばみ、2人をめぐって
城内も不穏な空気が漂うことに----
その様子に、かつて秀忠の乳母だった自分を重ねる大姥は
江と福、そして家康と秀忠に最期のお願いをするのでした--
加賀さんの演技に今回は泣かされたかな--。

続きを読む »

江は遂に男の子(竹千代)を出産。
その乳母となったのが(富田靖子)
後の「春日局」
なのですか!しらんかったわ-。
香川さんが猿之助&浜木綿子の息子ともしらず・・
びっくりしたくろねこだけど--(関係ない:笑)
36kai.jpg
彼女は明智光秀の家老斎藤利三の娘で夫を秀吉に殺され
豊臣を恨んでいるよう。あからさまに江をも敵視してたなー!
竹千代の世話はすべて乳母の仕事とあって近寄ることも出来ない江。
秀吉の七回忌法要「豊国祭」で今だ衰えぬ秀吉人気をみつめる家康は
秀忠を第二代将軍にしょうと画策。豊臣との軋轢を生むと反論する秀忠ですが
--あなたなら泰平の世が築ける--
なんてことを温泉旅行で江に言われ---決意しちゃった(笑)
でも茶々は激怒してましたねーー!!
--江がなんと言おうとも 徳川は敵じゃ!!
戦をしてまでもやっぱ息子を将軍にしたいものなんだなー。
江もそうだとは思いたくありませんが----
3姉妹の頭上に暗雲が立ち込めて来ましたねー。見守りたいです。
0000063377.jpg



----私は、父上と母上のお役に立ちとうございます----
こんな小さくても自分の立場を理解してる千姫は偉すぎっ!!
演じる愛菜ちゃんの可愛さも手伝って尋常じゃない愛らしさだわ
とはいえ母としては---辛いよね
3simai.jpg
千と秀頼の結婚は豊臣と徳川をつなぐ架け橋
そう信じたからこその江でしょうが
征夷大将軍となった家康は、又も策略をめぐらしてるみたいですね-。
「淀には豊臣の世が永遠に続くという夢から覚めてもらわねばならぬ」
っていうとったもんなぁ。ホント狸だったんだなー。なんかがっくりだよ。
一方完とも母の名乗りが出来た江。彼女もまたできた子だわ(涙)
又も生まれた子が女の子で江は思う 
--もう娘を政ごとのコマにはしたくない---
自分なら高次の側室が生んだ息子と夫婦にして傍に置く♪
と笑う初に―江はホントに娘を託しちゃった。
江は心中複雑でしょうけど、
赤子を我が子として抱く初には目頭が熱くなりましたわ。
家康への抵抗?いやいや--自分の事より子供の幸せをを思う--
江も大人になったという事何でしょう。そうは見えんけどもね(笑)
0000063377.jpg



続きを読む »

--------------------------- --------------------------------------------------------------- -------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |  NEXT»»