現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)
(2007/03/06)
伊藤 実

商品詳細を見る

★1話 ★2話 ★3話 ★4話 ★5話 ★6話 ★7話 ★8話 ★9話 ★最終回

 「コレハ、ダレニモ オコリウルコト」 


このドラマの問題提起は成功していたように思います。
けれどそれゆえさつき(加害者母)に同情があつまってしまい
原作にあるリアルなスパイスはどこかとんでしまった気はしました。
↓に続きます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む »

「2つの家族。それぞれの結末」
アイシテル~海容 後編 (2)アイシテル~海容 後編 (2)
(2007/03/06)
伊藤 実

商品詳細を見る


清貴の墓前で出会う2人・・。土下座するさつきをみつめる聖子・・(涙)
「笑っていたいんです。だから・・生きてください・・」

時は流れ智也は出所した。1年・・。う~ん。複雑。
普通を装いながらどこかぎこちないさつきたち家族。
智也は母の祖母の父の環境が・・。変わってしまっていることにきずき心を痛める。
富田に救いを求めますが母と向き合うよう諭されます。

自分がいると迷惑がかかる。自分ははここにいるべきではないと。
生まれてこないほうがよかった!と初めて本音がこぼれました


 さつきは 彼のほほをぶった・・。 --生まれていけない子なんていない。
 ここにいていいのだと。 あなたを愛している
-- 
 これからもこうしてぶつかっていけばいい・・。と思うさつきたち・・・・。  

一方小沢家は・・・
 ↓続く
ブログランキング・にほんブログ村へく・

 

続きを読む »

kaiyoutegami

審判で聖子からの智也への手紙が読み上げられた。

---清貴があなたを傷つけてしまってごめんなさい。
でも(中略)--あなたが見た清貴だけが、全てではないと言う事を分かって下さい。
智也君どうか清貴の分まで生きてください。
そして あなたが心から愛し合える人と出会ってください。
そしてその愛する人との子供が授かったとき・・・
そのとき初めて あなたはあなたのしたことをしるでしょう・・---

「何を思いましたか・・?」
「わかりません・・」
彼は自立支援センターへ送られることになった。

ブログランキング・にほんブログ村へ



続きを読む »

第8話「審判の日、全ての真相」
anohi
智也はついに事件当日にあった全てを
日誌に書きはじめた・・

はじめはトイレに行きたくて困っている清貴をみかねての
・・やさしさからだった・
けれど・それは・清貴のある言葉によって・・かわってしまったのだ。

「家庭裁判所の審判」がはじまった。
 
 泣けた・・・。なんだか思考停止状態・・(涙) ブログランキング・にほんブログ村へ



続きを読む »

dousitedousite

「僕は死刑になるんでしょ・・?」
--あなたは生きていくの。いろいろなことを知るためにね。たとえば・(中略)・
命はなぜ重くかけがえのないものなのかとか・・
苦しいかもしれないけど 答えを探さなくちゃいけないの。
お父さんやお母さんといっしょにね。智也くんならできるよ----

 彼の中にある「最後の扉?」を開けるのは母親? 
 親も富田さんも優しすぎて・彼は自分の罪にむきあってない様にも思える。
 でも叱るだけが更正にはつながらないんだよね・・(涙)
 今回も考えさせられましたが 引っ張りすぎって気も・・・(苦笑)
 ブログランキング・にほんブログ村へ↓へ

続きを読む »

第6話「生きてこその償い」
izumi

「死んで償え」

その言葉はさつきの心を、 美帆子の心を 共に切り裂いていました。
「本当に死んじゃったりしないよね・・・」
苦しむ娘に温かい言葉をかける秀昭・聖子・・。
そして聖子はそっと・・。さつきに思いをめぐらす・・・。

妹の結婚が破談。会社から干された夫は自暴自棄に・・。
「私が殺したようなもの・・・・」
雨の中をさまようさつきの脳裏には死がうかんでいた・・。
ブログランキング・にほんブログ村へ↓へ

続きを読む »

tomouaokaeri
ずぶぬれでかえったきた智也を叱ってしまったさつき・・。

 「おかぁさん・・。お帰りっていって・・」
智也の瞳にうつっていたはずの悲痛な叫びにきずくことはできなかった・。
すべてはコレが発端・・・?

「母親は万能じゃない」・・でも話を聞いてあげてほしかったね(涙)
 「子育ては苦行・・・?」いいえ・・!
 でも・・こんな風に傷つけてしまうと思うと・・。怖いよね~(涙)

 ブログランキング・にほんブログ村へ↓へ


続きを読む »

   aositeru4

「しっかりしてるから・・」「美帆子は強いな。救われるよ・・」
何気ない一言が美帆子をを追い詰めていく・。

「パパもママもキヨタンより私が死ねばよかったと思ってるんでしょ・・。
 私は自分より愛されてるキョタンが嫌いだった。
いなくなればいいと思ってた!」 
 娘の苦しみに初めてきずく小沢一家です・・。 ブログランキング・にほんブログ村へ↓へ

続きを読む »

hanasiai

加害者家族 野口家はバラバラ・・。
夫は会社から冷たく突き放され今は息子より自分のことで頭が一杯なのだ。
さつきは息子と向き合おうとするものの智也にまたも拒絶される。

いっぽう被害者家族小沢家では、
今だ自分を責め続ける聖子を夫の秀昭が必死に支えていた。
そんな父に娘美帆子(川島海荷)からも笑顔がこぼれた・
 
 「事件を忘れたい忘れられない」同じように苦しむ家族たち。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ↓へ

続きを読む »

   aisiteru

--ぼくが殺しました-----
智也(嘉数一星)は両親の顔もみずにそういった・・。
苦悩する2人の前に押し寄せる マスコミと中傷、嫌がらせ・・。

一方被害者家族も心無いマスコミの言葉が飛び交う
母聖子は自分を責め続け、ソレを見つめる娘や夫の心も闇が押し寄せる

どちらも辛くやりきれない思いが・・伝わってきますね~(涙)
ブログランキング・にほんブログ村へ↓へ

続きを読む »

--------------------------- --------------------------------------------------------------- -------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |  NEXT»»