現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

再び江戸に戻った龍馬は 
武市とともに攘夷派の会合に出席することに。
そこには桂の姿も。
roumadenn100.jpg
彼らと同等に渡り行く武市の才覚に胸を躍らせる龍馬ですが・・
--殿様に働きかけて攘夷の旗頭になってもらう--
桂のその言葉は 武市の胸をえぐったようです。
「自分たちを上士に認めさせなくてはならない」
そんな思いを強くしたよう。

そんな矢先、仲間の山本琢磨が不祥事を起こし
武市の進退を脅かす事件に発展してしまう・・

彼に「切腹」を命じる武市です・・ 

>rk.jpgにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
↓に続きます!
----------------------------------------------------

龍馬が頭を下げにいったことで事は穏便に終わると思われましたが・・
--土佐藩の名前に泥を塗る行為--
仲間は武市の身を案じ・・琢磨に切腹を命じる・・

時計・攘夷が・・仲間の命より大事なのか・・。
--時に鬼にならねばならないのだ!!---
武市さんは鬼ではない。彼にとってもそれは
辛い決断だということをうけ止める龍馬・・・。

でも龍馬は・・琢磨を逃がした・・。
武市はそうした・・龍馬を許した・・・(涙)

--おまんは、もう土佐には戻れん。
じゃが必ずおまんが生きる場所があるぜよ---


漫画では武市にも気づかれずに
琢磨の首を刎ね(ふり)川に落とし彼を逃がしました。

彼がその後蝦夷で生き延び司祭になった事実は感動ものですよね(涙)


龍馬が再び江戸に戻ったのは、2年4カ月後だったんですね~!!
それじゃ佐那さん怒りますよね。とはいえ・・。
ずっと待ってたことを。素直にいえないってのは女として損だよね~
でもなんかかわいいですね♪
「俺は 龍馬が好きだ!!」わははは!!!兄重太郎もかわいいです!!

しっかし。佐那の告白から逃げ出す龍馬は・・情けない!!
加尾がいるから・・??
はぁああ!!この色恋沙汰あんまり見たくないわ~!!来週見ないかも(笑)

そうそう弥太郎は牢屋の中で「商売」に興味をもったようですが・
彼の活躍もはやくみたいものです!!



---------------------------

コメント

>武市はそうした・・龍馬を許した・・・

そう、ここ大事ですよね~。。。
武市も本当は琢磨を逃がしたかったんだよね(; ;)
鬼にならなければならない武市を見ると心が痛みます。。。

私も来週はあまりど~でも。。。i-229
龍馬には早くお佐那さんとくっついて欲しいんだよね。

くうさんへ♪

人の上に立つってことは大変ですよね。
「鬼」ってのも、生真面目だけに自分に厳しくということなのでしょうね。
龍馬が彼の思いに答えてくれないことも辛そうでしたし~。
龍馬が彼より年上だったら・・またちがってたんでしょうかね~(涙)
龍馬の恋愛沙汰はお竜さんが現れるまで
できたらスルーしたい~ですよね~(わはは)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T6465] 【龍馬伝】第九回

人は必ずいつか死ぬ。だからこそ、死に甲斐のある生き方をせねばならぬ。安政三年。龍馬は再び江戸へ戻った。千葉道場に挨拶に行き、父・八平の死を報告する。千葉定吉が言った言葉は父の言葉を彷彿とさせた。江戸へ来て一年になる武市は、早くも桃井道場の塾頭になってい...
*---------------------------------------------------------------

[T6466] 大河ドラマ「龍馬伝」第9話「命の値段」

龍馬、再び江戸へ-------------!!千葉道場で再びお世話になる事になった龍馬。父の死を乗り越え、戻ってきた龍馬を温かく迎える千葉たち。そして佐那との再会。久しぶりだと喜ぶ龍馬ですが・・・佐那はめちゃめちゃそっけない(><)どうやらすぐに戻って来ると言って...
*---------------------------------------------------------------

[T6467] 『龍馬伝』第9回

~命の値段~
*---------------------------------------------------------------

[T6468] 大河ドラマ 龍馬伝 第9回 「命の値段」

今回の山本琢磨事件は龍馬と武市さんの考え方の違いが浮き彫りにするだけでなく、人間
*---------------------------------------------------------------

[T6469] 「龍馬伝」第9回

   第9回「命の値段」剣術修行のため再び江戸にやって来た龍馬は、重太郎や佐那と再会。龍馬との再会を楽しみにしていた佐那だったが、思わずつれない態度を取ってしまう。一方、一足先に江戸に出ていた半平太は、桃井道場で塾頭になるほど腕を上げていた。ある日、龍...
*---------------------------------------------------------------

[T6470] 【龍馬伝】第9回感想と視聴率「命の値段」

【第9回の視聴率は3/1(月)夕方迄に追加予定】津波情報の日本地図、邪魔!どこの局も出していますが、上部のテロップだけでいいと思うんですが・・・ 龍馬は、2年4ケ月ぶりに江戸に戻って来ました。佐那さんは、料理やお茶や生け花など習って、龍馬を今か今かと待って...
*---------------------------------------------------------------

[T6471] 福山雅治『龍馬伝』第9回★武市半平太、攘夷原理主義者と化す

『龍馬伝』第9回「命の値段」  龍馬より弥太郎ら他の登場人物が目立つ回があって、これでは『龍馬伝』ではないという声をたまに聞きます。  確かに龍馬の行動が中心にならないこともありますが、例えば静物画を書く時、中心にリンゴを書くとしても、リンゴだけでは...
*---------------------------------------------------------------

[T6473] 大河ドラマ「龍馬伝」第九回『命の値段』

個人的な感想のみ書いてます。苦手な方はバックプリーズ今回は山本琢磨を逃がす話が中心でしたね。拾った時計を金に換えた事で切腹を言いつけられる山本琢磨を龍馬が助ける・・・命の値段・・・・なんて今でこそ当たり前のように命には価値があると思われてますがそれこそ...
*---------------------------------------------------------------

[T6474] 【大河ドラマ】龍馬伝 第9回:命の値段

半平太の焦りや苛立ち、苦悩が表現された回でしたね。 【今回のまとめ】 ・2年4カ月ぶりに江戸へ戻ってきた龍馬。  待たせ過ぎた佐那から...
*---------------------------------------------------------------

[T6475] 第9回「命の値段」

尊王攘夷…現代でも、この四字熟語の持つ意味合いを具現化せんと目論む連中の跋扈が著しい。天皇[みかど]を敬うことと海外諸国を脅威や外圧とみなして我が国から追い払うこととが一体になった行動とみてよいだろう。その運動・行動における、高知藩士の名だたる存在といえ...
*---------------------------------------------------------------

[T6481] 龍馬伝、あごとあざ!!

龍馬伝、中々面白いですね{/fuki_osusume/} 実像の龍馬ってもしかしてこういう人だったのでは?? と思わせてくれます。 僕の中で坂本龍馬は司馬遼太郎の「龍馬がゆく」からブレイク した様な感じがしていたのですが、ドラマを見ていると何故か わくわくしてきます。 尤も...
*---------------------------------------------------------------

[T6507] 2人の男 ~龍馬伝・命の値段~

土佐藩の攘夷志士の一人が、商人の金時計をくすねてしまう。 切腹を命令する半平太と、命だけは助けようとする龍馬とでは、はっきりと意見が...
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/1033-b00dae76
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |