現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

「本当の望み・・?。そうだ・・
わしはただ・桔梗の心が 欲しかった・・。」


GANNEOKAKETA.jpg
「あの世でも--桔梗---
おまえと同じところにはいけそうもないな」


四魂の玉は「鬼蜘蛛の願い」をかなえることはなかった。
半妖として甦った彼が嫉妬ゆえ桔梗を殺すことになってしまったのは・・
彼の心の醜さゆえだったんでしょうけどねぇ・・・・。
そんなに美しい姿を得ながら・・馬鹿な奈落。
憐れな鬼蜘蛛・・・。でもかわいそうとはいわないよ~ 

にほんブログ村 漫画ブログ 少年漫画へ ----------------------------------------------------

---まったくおめでたい連中だ
仲間がそろったというだけで四魂の玉に光が戻った・・
これがきさまらのいう希望というやつか-----

--わしを殺せば・瘴気まみれの亡骸が村に降り注ぐぞ----

「それがどうした~!!」
~って殺生丸様・・それはだめです~!! 
ソノ村は 桔梗の村・・。
彼は死に場所をココに選んでいたようです・・。

遂に四魂の玉に心を喰わせてしまった奈楽・
TUINIYABURERUNARAKU.jpg
そんな彼を容赦なく襲う
風穴、飛来骨、冥土残月破、 爆砕牙!! 
そしてついにかごめの矢が放たれた~!!
--奈楽・・遂に敗れる----

1度は捨てた鬼蜘蛛の心を取り込んだ時。 
奈落は 気づいていたはずだよね。
彼の憎しみと絶望が・・。
桔梗への 報われない愛ゆえだったことに・・。


でもどうすれば愛されるのか・・わからなかったんだね(涙) 


弥勒の風穴も消えた・ソレは奈落がこの世から消えた証。
なのに・・何かに飲み込まれかごめの姿が消えてしまう。
骨喰いの井戸も消えていた・・。
元の世界に戻ったのか・いやちがう・

かごめが白夜に切られたのは 冥道残月破だったことを知り
犬夜叉は かごめが冥道の中に入ると確信。後を追った!!

でも・・かごめは現代にいた・・。でも何かがおかしい・・。
次の瞬間 1人暗闇の中に閉じ込められるかごめ・

「ココには誰もいない・・・誰も来ない。 


SAANEGAE.jpg
「さあ 四魂の玉に願え 帰りたいと。
願えば おまえは帰れる
・・」

恐怖に震えるかごめは・・願ってしまいそうだ・・。
コレは・・辛い。辛すぎるぅうう(涙)
 
かごめを閉じ込めたのは 奈落の最期の願いだったんでしょうか?
それは玉のなかでかごめ(桔梗)とともにいたいということ・・?
どこまで悲しいんだ あんたってやつは~!!(涙) 


 犬夜叉にはかごめの声が聞こえてるみたい・・・
 どうなるのか!!次回いいよいよ 最終回~!!
 
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T6682] 「犬夜叉 完結編」 ♯25 届かぬ想い

あらすじは コチラ にほんブログ村 「待ってろ、かごめ!必ずおまえを探し出す!」  by 犬夜叉 奈落の体内!! 弥勒の風穴...
*---------------------------------------------------------------

[T6687] 犬夜叉~完結編 #25 「届かぬ想い」

「ふっ…どうやらあの世でも、  桔梗と同じ所には、行けそうもないな」 ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!! さ よ う ...
*---------------------------------------------------------------

[T6836] 犬夜叉完結編 アニメ感想☆ 第25話「届かぬ想い」

 殺生丸「それがどうした」→私「ダメにきまってんでしょ!(笑)」
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/1057-4a96fdb1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |