現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

妖艶な皇子♪
 
いったいどんな記述からこの構想がうまれたんでしょうか・・・?
聖徳太子を描いた
 衝撃的な不思議太古ロマン---・

 登場人物たちの報われない愛が胸にせまる・・秀作です!!


厩戸の皇子は---不思議な力をもっていた
その事を敏感に感じ取っていた母は彼を畏れるようになる。

しかし 母は、いや皇子自身でさえも気づかなかったのだ
その畏れこそが彼の心を蝕んでいたことを--

 続きは下より♪

----------------------------------------------------

類稀なる自分の才覚に背をむける皇子。
彼には見えていたのです。
--何が出来ようとも・・・自分は
 真に欲するものを手に入れることが出来ない事を---


2005-08-29.png
しかし皇子は 蘇我の毛人と出会い・
彼に惹かれ、彼を欲するようになってしまう。
手に出来ない事と悟りながらも
 その思いは募るばかり・・
やがてソレは 嫉妬となって毛人を苦しめていくことにーー

自分を畏れず屈託なく笑う毛人・・。
そして彼は 皇子の力を倍増する事ができたのだ。
「2人ならなんでもできるではないか」
涙を流し愛を請う皇子に・・涙を流し答える毛人。
「だから私達は1つになってはいけないのです。それは人に非ず」
それは 2人の決別の時でした。

皇子が真に欲したもの・
それは彼を人として愛してくれること・
だったのでしょうねー(涙)

その後 狂った娘を妻に迎えた皇子。
その心中を・彼の心の闇を私は 直視できません・(涙)

皇子の本妻でありながら愛されないことに苦悩する大姫。
兄(毛人)への愛と皇子への思いに揺れ苦しむ刀自古の業も哀しい。

さまざまな人たちの 報われない愛が
 苦しく哀しく胸を打つ秀作です。

 umayadonoouji

---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/11-a8ff2a93
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |