現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


現在15巻17巻です(H20.11月)
「ネムキ」連載中。 
実写版公式サイト
hyakki


古き日本を思わせる絵ですが
主人公律クンは現代に生きる普通の若者です(笑)
人の目には見えないものたちの織り成す不思議絵巻です。

にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へにほんブログ村 漫画ブログへ


  詳しくは↓の続くより♪ ----------------------------------------------------

ritu


この物語の本当の主役は飯島家長男飯島蝸牛(律の祖父)かもしれない。
彼は「怪奇小説家」でこの名はペンネームである。
彼の書く作品は彼が怪奇な世界を自由に行き来してできた実話らしい
彼の死後も彼をたよってか様々な霊や妖魔が飯島家を訪れ律を悩ませることになるのだ。

律の父は祖父の呪詛返しで死に妖魔青嵐が封印されている。
律の母は痴呆状態の彼を看護状態だが彼女は不幸の影を微塵も漂わせずいつも明るい
この真実を知っているのか知らぬのかは謎?です。

主人公律クンの信条も「見ないふりです(笑)

だから当然、妖魔や霊に立ち向かったり倒そうなんて使命感はない
彼は人の目には映らないものがみえるだけなのだ。

しかしながらこの作品が怪奇ホラーとは一脱しているのは
妖魔や妖怪といったものがけっこうイイヤツでゆかいだからでしょう(笑)

律を祖父の言いつけで守ってる妖魔「青嵐」も食っちゃ寝てるへんなやつだし
、1巻「桜雀」で登場する「カラス天狗」尾黒・尾白などはもうかわいい!
従姉の司とは飲み友達でよく酔っ払ってます(笑)

妖魔・妖怪、霊
彼らはなぜ律の前に現れたのか・
そこには 人の愚かさと、生への執着が淡々と時に恐ろしく・・描かれている。


触らぬ神に祟りなし・・。
ココで起こる怪奇な出来事に・・。
人としての愚かさを反省し、今どう生きるのかを憂い、
思いを残すことなく生きよう!!と
きっと思うと思いますよ♪
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/143-f569ae21
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |