現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

昨晩はバレーボールを選びました!!
結果は残念だったけど、今後も応援優先のくろねこです--♪
姉を止めたい----
和議を願い徳川と豊臣の間で尽力する初ですが
hatuuuu.jpg
戦なくして、泰平はなし----
もはや家康の心をかえることはかなわず--
徳川を倒す---淀&秀頼の心ももはや1つだったよう。
大阪夏の陣--それは互いに
引き返すことのできない戦いだったのですねー。
0000063377.jpg

----------------------------------------------------

真田勢に追い詰められる徳川勢--
-さすがに秀忠も じっとはいられなかったようですが
豊臣の息の根は自分が止める-家康の気迫の方が上回ったよう。

秀吉と仲よさそうだったのに、こんなことになるなんて----
-国とりの為に兄弟も子も殺すこの時代にあっては
他家を切り捨てるなんて当たり前かぁ:涙、

そんな中--真田幸村が散ることに----
彼の死は-豊臣の最期の時を告げることになったようです。

「誇りというたが 意地で選んだ道やもしれぬな」
千や初、そして秀頼に謝罪する淀。
彼女は母市と同じく城とともに滅びることを選んだようですが
--秀頼には生きて欲しいと願ったよう-----

その願いを叶えるべく再び家康の元を訪ねる初ですが
その願いは悲しくも散ることに・・。

徳川は 2人に向けて 鉄砲を撃ったのだ---
それを命じたのは秀忠----!!-
ここにきて彼に総大将を命じた家康---
徳川か---?豊臣----か?
その決意を固めさせるための荒療治だったようですねー。
彼の涙は---ようやく上にたつ者(父)の重責を
かみしめた者---だったのかもしれませんねー。。

「母上、共に参りましょうぞ」
 頬笑みあう淀と秀頼-----。
この秀頼さんなかなかよかった。泣かせて頂きましたよ---(涙)

母の形見の刀をてにした淀はつぶやく---
「初、江、さらばじゃ---------」

燃え上がる大阪城をみつめる初と千---。
その炎はこの戦国の世を生き抜いた淀の人生のよう---
ソレはけして野心という炎ではなく----
流されず、義を尽くし、己の人生を
 純粋にただひたすら生きたそんな炎に見えました。
宮沢さんはとても魅力的な淀を演じていたと感じました--!!
そろそろ--樹里ちゃんの見せ場も欲しいぞ---!! 


---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T11132] 「江~姫たちの戦国」第43回~秀忠冷酷!?「城に火をかけよ」

『江~姫たちの戦国』 第43回「淀、散る」 家康(北大路欣也)は京で起きた騒ぎを口実に、大坂城の牢人たちを放逐するか、秀頼(太賀)が国替えを受け入れるか、どちらかを選ぶよう迫る。 常高院(水川あさみ)が駿府に出向いて家康と交渉。 常高院「私は姉を止めた...
*---------------------------------------------------------------

[T11135] 江 姫たちの戦国第43話(11.6)

「私、思うのです。 この世を泰平にするために避けて通れぬ戦があるのではないかと・・・」 江@上野樹里や常高院@水川あさみの願いも空しく、大坂夏の陣が勃発、 悲壮な決意を固めた徳川秀忠@向井理は大坂城に火を放ち、 淀@宮沢りえと豊臣秀頼@太賀は最期を遂げたと...
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/1633-6d79500d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |