現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


独りきりの夜が、やっと終わる--------
幾千の夜 最終夜 (ミリオンコミック CRAFTシリーズ49)
幾千の夜 最終夜 (ミリオンコミック CRAFTシリーズ49)

(2011/12/27)
木下 けい子

商品詳細を見る

いったい幾千の夜を・・互いを思いながら独り眠ったのか---。
全てはてっちゃんのネガティブさが原因なきもするけど。
HAPPY ENDでよかった~
てっちゃんと宙の恋物語終結デス!

----------------------------------------------------

てっちゃんから去った宙。
守られるだけの自分から変わるために
てっちゃんに迷惑をかけないために
一人で生きなきゃ---そう思ったから----

もう一度 あえたら----

でも離れてもやっぱり互いに互いを思いあっている2人
運命はそんな2人をまたも再会させる。

宙がパティシェとして働いているとしって
「頑張ったな宙。俺がいなくても大丈夫なんだな」
ソレは宙がずっと欲しかったはずの言葉・・・

でも 去っていくてっちゃんの後ろ姿に涙する宙。
背を向けたてっちゃんも、辛そうで---痛々しいです。
ホントにどうしてこんなに不器用なんでしょうね~(涙)

「そんなに思われながら・・思いながら・・・
 自分から出てって、ケー番変えて、会いにもいかず、
 おまえ何がしたいの?偶然は2度ねぇよ。なっ?」


親友よ・・よく言ってくれた---(涙)
ようやくてっちゃんのもとに走り出した宙。

手っちゃんから去ったのは-----
てっちゃんと離れる為じゃない。
この先もずっと一緒にいたいと願ったからだと
ようやくきづいたようですね-----

でももはや宙に去られたてっちゃんの心は傷つき
悲鳴を上げてた。その声無き声を聞く宙。
--俺はこんなにも傷つけてたんだ----

手っちゃんの涙を・・弱さを知って
宙ははじめて てっちゃんを理解し---
てっちゃんは 何も言わず自分をうけとめている宙に
大人になったことを・・知ったのかもしれませんね。

結局2人は、言葉足らずなところも、両想なところも
子供の時からずっと変わってなかったんだよね(笑)

でも2人の関係はもう守る守られるの関係ではなく
ともに支え合う対等な恋人--------。

互いのことを思い描きながら眠った幾千の夜は---
これからも2人の愛を支え、永久に続いていくことでしょう・・。
ええですなぁ・・・。

---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/1687-891a853f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |