現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

妖小天狗に連れ去られた夏目を追う先生は
結界が張られた井戸の中に----!!
natumereiko.jpg
ソコには妖を封じた沢山の玉石と的場一門の七瀬が----。
彼女は、先生に、その玉に妖を封じたモノの話を始める・・
生きていればレイコと同じ年位なんだろうか・・
それは夏目が生まれる前のちょっと切ないお話。
完全オリジナルながらいいお話でしたね!
夏目は又空飛んでた。いいな~♪でもこの飛び方は怖いか(笑)
 1・2・3期レビューコチラへ♪

----------------------------------------------------

夏目を連れ去った小天狗はレイコを知る妖。
友人帳に書かれた友の名を呼んで欲しいという----

そのころ先生は穴の中。七瀬の昔話を聞くことに~
幼いころの七瀬さん、可愛い♪やっぱ女の子だったのね~。
祓いや一門の子として生まれた彼女はその力を認められ育ったようですが・・
普通の人間たちには、レイコと同じように
「変な子」と思われていたみたい

妖からレイコの噂を聞いて会いに行ったことが有るようだ。
でも会う事はかなわず・・。その時であったのがミカゲ
ここに落ちている沢山の玉石の1つを除いては
すべてが彼が禍々しい妖怪を封じたものらしい
nanasekodomo.jpg

--悪しき妖怪は祓い、力ある妖怪は式として使い
それ以外の妖怪には心にとめない---
ソレが祓い屋の心得--

そう言われて育ってきた彼女ですが、
姿が見えれば声をかわしたくなる。声をかわせば情がわく・・
でも絶対心を通わせてはいけないんだ!だったらいっそ・


このころの彼女はやはり迷っていたんでしょうね。
同じ見えるレイコにその答えを聞きたかったのかもしれまえせんね。

そんな彼女にミカゲは言う・・
人も妖も「業」があり自然の連鎖の力で生かされているのだと。

業とはそのものがそうとしてしか生きられない
生まれ持った役目のようなもの。


禍々しいものを封印すること
それが自分の業だというミカゲ
でもソレは主の願いであり約束だったんでしょうね。
それを守り続けて来たミカゲ。彼はこの主が大好きだったのでしょうね。

七瀬は彼を凄い祓いやだと・1度は思ったようですが
実は彼は玉石の妖
自分の身を削って封印をし続けていたようで・・
これ以上続けると自身が禍々しいものになってしまうというのだ。
そうなる前に自分を封じてほしい・・
それが七瀬の業だと---------。

ここにある石の1つは こうして七瀬が
彼を封印したものらしい・・・
心を通わせてしまった妖を封じることになった七瀬ですが・・
封印とは、禍々しい思いを浄化すること----------?
彼女はそう思ったのかもしれません。
そう考えればできないことではなさそうですもんね(涙)

この地に工事が入ると知って探しに来たようですが
見つけることはできなかったよう。

実は「ソレ」小天狗がもちだしてたよう・・
彼もまた心配だったんでしょうね。
夏目に名を呼ばれ 姿を現したミカゲですが・・

「悲しむな・・もとの姿に戻るだけだ・・」
彼の姿は美しい玉石にとなり小天狗に抱かれることに・・・
ありがとう・・そう言う優しい小天狗に涙でしたわ。・

夏目はその深い事情を知らぬままでしたが
封印した人が面白い奴だったという言葉に笑顔でした。
先生は ソレが七瀬だと夏目にする日があるのかな?
七瀬さんもそんな悪い人じゃないと思えましたが
的場一門の中にあっては・・
やっぱり油断できずなんでしょうねぇ・・・


---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T11882] 夏目友人帳 肆 第08話 『惑いし頃に』

いきなり霊能力者だと!?これは新たなヒロイン、しかも妖怪絡みOKの人かと思いました。よく見ると彼女って的場一門の七瀬じゃないのか。今回はどうやら過去話みたいです。  最初出てきたときは中学生ぐらいに見えたのですが、次見ると小学生。なんか背が縮んでない?...
*---------------------------------------------------------------

[T11883] 夏目友人帳 肆 第8話「惑いし頃に」

夏目友人帳 肆の第8話を見ました。 第8話 惑いし頃に 「夏目、折角の天気だ。何か美味いものでも食いに連れていけ」 「さっきイカ焼きを御馳走したじゃないか。大体、先生は天気に関係なく年中何か食...
*---------------------------------------------------------------

[T11884] 夏目友人帳 肆 テレ東(2/20)#08

第8話 惑いし頃に 公式サイトから 突如空から現れた妖怪に連れ去られてしまう夏目。夏目をレイコと勘違いしているその妖怪は、友人帳に名があり今は封印されている友を呼んでやってほしいという。 一方、夏目とはぐれたニャンコ先生は、山の中の廃屋で、古井戸の中から?...
*---------------------------------------------------------------

[T11885] 夏目友人帳 肆 8話

心の師に、感謝と敬意を込めて。 というわけで、 「夏目友人帳 肆」8話 空色勾玉の巻。 祓うべきものと、そうでないものの区別。 その家に生まれながら、その宿命を背負いながら、それでも、悩む。...
*---------------------------------------------------------------

[T11886] 夏目友人帳 肆 #8「惑いし頃に」

「妖怪とは絶対心を通わせてはいけないんだ」 的場一門のおばあさん七瀬の幼少時代回想回。 そういえば小天狗CVうえだゆうじさんだった(*´∀`)
*---------------------------------------------------------------

[T11887] 夏目友人帳 肆 第八話「惑いし頃に」

妖に負われた少女は予め用意していた結界を使い妖を封印しようとするも、偶然近くを通りかかった別の妖が巻き込まれてしまい封印に、咄嗟に封印を止めたために失敗してしまう。妖に殴られて倒れ、追いつめられた少女だったが近くで声が聞こえたため妖は姿を消す。少女は薄...
*---------------------------------------------------------------

[T11888] 夏目友人帳 肆 第八話「惑いし頃に」

妖に負われた少女は予め用意していた結界を使い妖を封印しようとするも、偶然近くを通りかかった別の妖が巻き込まれてしまい封印に、咄嗟に封印を止めたために失敗してしまう。 妖に殴られて倒れ、追いつめら...
*---------------------------------------------------------------

[T11889] 夏目友人帳  肆 第七話

「惑いし頃に」 そうか、ようやく開放されたか… 夏目とニャンコ先生、しばし離れ離れになってましたが聞いてる話が同じでした^^ 離れていてもシンクロ率が高いなぁww 七瀬の幼少の頃の話 人の業と言うもの… 小天狗は夏目レイコを求め、夏目?...
*---------------------------------------------------------------

[T11890] 夏目友人帳 肆 第8話「惑いし頃に」

それがお前の業なんだ――。  人に歴史あり、的場一門の七瀬にも若かかりし日があったのですね(ぉ)  オリジナルで 脇役の過去話って多いでが。 本編に影響ない分には 想像の余地が多いですらね。 ▼...
*---------------------------------------------------------------

[T11895] 夏目友人帳 肆 第08話 「惑いし頃に」 レビュー・感想

お前は強い、なぜならお前は祓い人の怒りや悲しみを知っているからだ。そしてそれはこれからもお前を強くしていく・・・ 非情な的場一門に仕える七瀬にこんな一面が。ミカゲと出逢 ...
*---------------------------------------------------------------

[T11897] 『夏目友人帳 肆』#8「惑いし頃に」

「私を封じること。それがお前の業なんだ」 レイコと間違えられ、小天狗に連れ去られた夏目。 「レイコに代わって、封印された儂の友を呼んでやって欲しいのだ」 人違いだと分かってくれたけれど、友人帳をもっていると知り頼み事をされてしまう。 ニャンコ先生とは...
*---------------------------------------------------------------

[T11923] 夏目友人帳 肆  第8話 「惑いし頃に」

夏目友人帳 肆  第8話 「惑いし頃に」 『業とは、その者がそうとしか生きられぬ、生まれ持った役目のようなものだ』 ※業なのか~だから私は自堕落でもいいんだ!?真面目に生きようとしても ...
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/1728-bf0565c3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |