現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

もう1度だけみておきたい--
  小さすぎてほとんど覚えてはいないけれど----
uronn.jpg

前回の続き。売りに出されることになった実家を訪ねることになった夏目の物語。
カバンから先生も 登場です~~!
ホントは夏目が心配だったんでしょうね♡ ほんとにもう・・やさしいんだから♪
 1・2・3期レビューコチラへ♪

----------------------------------------------------

「どっちだ・・・?右か左か??」
先生に聞かれても、あちこちを転々としていたせいでよくおぼえていないという。
あいかわらずせつない~ 
でもどこか楽しげに見えるのはやっぱ先生のお陰だよね・・♪

まずは鍵を取りに、昔、自分を置いてくれた家を訪ねることに。
この家の人たちは、意外にもいい人いたちだったけれど・・・
陰気臭くて嫌いだった・・。優しくしてやったのに、 すぐ空気悪くするようなことして---
同年代の少女は夏目を良く思っていなかったようです。

実はこの家には奇妙な妖がいて・・夏目はずっと怯えていたよう。
ところがその妖がまた夏目の前に現れて大動揺----
慌てて飛び出した夏目を 追ってきたのはその少女三代子でした

「優しくしてるのに何が不満なの!?あなたがかわいそうなのは知ってるけど・・・
あなたの事で心配したり 悩まされたり・・私の お父さんと お母さんなのに---!!」

「うん・・・。大丈夫。君の家族をとったりしないよ---」

夏目は知った。
幼かった彼女は夏目を嫌ってたわけじゃない。ただ・・
 両親に気遣われる夏目がうらやましかったのだと。

でも私には「そんなことしてるとダメだよ…友達が出来ないよ」
彼女のそんな思いも伝わってきたけれどね。

「口を描いて-----」
「描いてほしければついてこい!」 
追ってきた妖を外に おびきよせ走る夏目-----。
watasihaamarasonnitumede.jpg
先生曰くその妖(ムシクイ)は 2、3年もすると人の闇を育ててその心を喰らうと
知ったからだ・・・

 全くほおっておけと言ったのに、阿呆が・・・
でも・・オレを家に入れてくれた人たちなんだ・・
大事な家に、入れてくれた人たちだったんだよ-----


しかし---この妖に捕まってしまった夏目----。さぁどうなる!?
次回最終回-----!?みつめたい!!
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T12066] 夏目友人帳肆第12話「記憶の扉」

夏目友人帳肆第12話「記憶の扉」「帰らなくちゃ・・・」今回は、暫く夏目を引き取っていてくれてた親戚の三世子と、その家に住みついている妖怪のお話。公式HPより最後に一度だけ...
*---------------------------------------------------------------

[T12067] 夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」

夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」 「帰らなくちゃ・・・」 今回は、暫く夏目を引き取っていてくれてた親戚の三世子と、その家に住みついている妖怪のお話。 公式HPより 最後に一度だ...
*---------------------------------------------------------------

[T12068] 夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」

夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」
*---------------------------------------------------------------

[T12069] 夏目友人帳 肆 第12話 『記憶の扉』

お父さんもお母さんも優しくしてやってたのに。夏目の態度が悪いと文句を言ってくる三世子。そりゃお前が居るからでしょ、言わせんな。まあ夏目は大して気にしていない様なので良かったですが。 貰われてきた子に両親を取られちゃう。そんな不安があったかも知れない。で?...
*---------------------------------------------------------------

[T12070] 夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」

夏目友人帳 肆の第12話を見ました。 第12話 記憶の扉 貴志は滋と塔子に家が売られてなくなる前に両親の家を見に行っていいかと尋ねる。 そして貴志は三世子という少女のいる親戚の家に、鍵を受け...
*---------------------------------------------------------------

[T12071] 夏目友人帳 肆 第十二話 「記憶の扉」

 最後のシーンにびっくりしてしまいました。
*---------------------------------------------------------------

[T12073] 夏目友人帳 肆 12話

あの頃の記憶が、今も残る、この家で。 というわけで、 「夏目友人帳 肆」12話 里帰りの巻。 優しくしてやったのに。 そんな三世子さんの言葉を、責める気にはなれません。 だって、彼女には、見...
*---------------------------------------------------------------

[T12074] 夏目友人帳・肆 第12話「記憶の扉」

続 夏目友人帳 音楽集 いとうるわしきもの(2009/03/18)TVサントラ、夏目貴志(神谷浩史) 他商品詳細を見る  幼い頃に住んでいた家を訪ねる小旅行に出かけます。電車の中にも妖怪がうろついているのですね。に...
*---------------------------------------------------------------

[T12075] 夏目友人帳肆第12話あらすじ感想「記憶の...

夏目、実家へ----------。父と一緒に暮らしたおぼろげな記憶。それをたよりに地図を持って実家へ。でも、その前に実家の鍵を管理している親戚の家に寄らなければならない。だがその時...
*---------------------------------------------------------------

[T12076] 夏目友人帳 肆 第12話 あらすじ感想「記憶の扉」

夏目、実家へ----------。 父と一緒に暮らしたおぼろげな記憶。 それをたよりに地図を持って実家へ。 でも、その前に実家の鍵を管理している親戚の家に寄らなければならない。 だがその時、かばんの中からニャンコ先生が!! またイカの足食べてるし(><)...
*---------------------------------------------------------------

[T12077] 『夏目友人帳 肆』#12「記憶の扉」

「俺も帰ろう、大切な家へ───」 幼い頃、父親とともに過ごした実家が売りに出されることになり、 一度その実家を見に行くことにした夏目。 ちゃっかり先生も荷物に紛れ込んで、駅弁を堪能してたけれど、 電車の乗り継ぎの際に、ドアに首が挟まれてる!!(苦笑)
*---------------------------------------------------------------

[T12078] 夏目友人帳 肆 第十二話 感想

超変な何かが家の前に! 「夏目友人帳 肆」第十二話感想です。 夏目友人帳 肆 2(完全生産限定版) [DVD](2012/03/21)神谷浩史、井上和彦 他商品詳細を見る
*---------------------------------------------------------------

[T12079] 夏目友人帳 肆 第十二話

「記憶の扉」 一食の恩は犬も忘れないんだぞ!! ニャンコ先生  走る! 走る! 走る! ニャンコ先生ダイエット?   だがしかし、スタミナ切れで斑にww 自分の家を見に行く夏目ですが、あの大きいバッグ…   やはりニャンコ先生が付いてこな?...
*---------------------------------------------------------------

[T12080] 夏目友人帳 肆 第十二話「記憶の扉」

売りに出されることになった実家へと帰る事にした夏目貴志。ニャンコ先生が鞄に入ってこっそり着いてきていました。ニャンコ先生、勝手についてきたのか。実家へ向かう前に親戚の家によって鍵を借りないといけない。朧気な記憶を頼りにして親戚の家へと向かう貴志。実家の...
*---------------------------------------------------------------

[T12084] 夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」

帰らなくちゃ――。 無くなる前に もう一度だけ両親の家を見に行った夏目。 ニャンコ先生も来てたしw  わずかな記憶を頼りに 鍵を預かっている親戚の家を訪ねるが…。 そこに性質の悪い妖がいたのを夏目...
*---------------------------------------------------------------

[T12089] あの角をまがれば

カーボンオフセット! 明日、更新予定で~^^; 『夏目友人帳 肆』 第十二話 記憶の扉 私は旅行かばんを見た時、 ニャンコ先生を連れて来たんだなぁと思っていましたが、 勝手に付いて来たんですね^^; でも、 来てくれて助かりましたね。 今回の妖怪。タチ悪い...
*---------------------------------------------------------------

[T12094] 夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」 レビュー・感想

―私も子供だったんだよ― 親を取られたくないという想いを夏目にぶつける三世子、幼かったが故にその言葉は拙くも鋭い・・・ そんな過去を経て再び出会う二人にはどんな事件が待 ...
*---------------------------------------------------------------

[T12753] ◎夏目友人帳肆第12話「記憶の扉」

=電車夏目が実家へ向かうニャ:おい夏目、駅弁を買え、話はそれからだ。夏目:お弁当ください。二つで。=電車乗り換えニャンコ先生ドアに挟まる。夏目:先にカギをもらいに行かな...
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/1748-59fddae0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |