現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ


 報われない相手と居る事は 苦しい。 苦しくてたまらない・・。
 それでも・・・あいつの傍を離れるな・・。
  あいつを--守ってやってくれ・・・・」

女王の花 5 (フラワーコミックス)女王の花 5 (フラワーコミックス)
(2012/01/26)
和泉 かねよし

商品詳細を見る

自分と同じように「女王」を愛してしまった弟子薄星へ・・・
青徹が残す言葉の数々に涙です~(涙)
表紙をめくったプロローグ、フラグ立て過ぎ~。
読むの辛くなるからやめて~~(泣) ----------------------------------------------------

罪人として捕えられ亜国に連れ去られた青徹を、
怒ることも 泣くことも 追うこともできなかった亜姫、薄星。
それが青徹の教えだったから・・・

「お前から手を離すその時は-----」

「・・・自分が 亜姫の重荷になってしまった時。なんだろ。
 あんたのように------。」

薄星の言葉に静かに笑う青徹--------
死を覚悟し亜国にむかった彼の姿に涙したくろねこですが・・・・

何やら物語は意外な方向にーーー。
なんと青徹が捕えられたのは
あの冷酷の思えた亜国の王(父)が
 亜姫の行く末を頼むためだったのです。

王が 彼女を 疎んじ 黄国に追放したのは・・
亜姫の聡明さを憎む 土姫の嫉妬心や野心に 気づき
彼女を母を--守るためだったというのだ--。

今さらそんなことあるかい!!って感じですが
土姫の息子の愚鈍さは目に余るもので・・
  国を憂いてのこと-------だったようですね~~。


しかしそんな王の気持ちに土姫もきづいた様。
 もはや王の愛を得ることはないと悟った彼女は
  亜国を王を 潰す為、行動を開始したようです

愛も情も王の眼を曇らせるだけの無用なもの---
 王はそんな自分を少し悔いているようにも見えましたが・・
 すべては その冷たさが、土姫を 鬼にかえたのだと・
 気づくことはないんでしょうね~。 土姫も哀れです・・。
 
 でも彼女もまた 気づかないんでしょうね・・・
 鬼と化した女を愛する者は・・いないってことに

 青徹は 亜姫のもとへ-----!!

 と思いきや 彼は 土姫を倒しぬ敵陣へ----!!
 どうやらこの戦いに身を捧げるよう・・・。
  全ては  亜姫のためですね~~。
  
  次回・・・またもつらい展開が待ってそうだ---(涙)
 
  
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/1798-7e156f7a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |