現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

伯父忠正が敵方にくみしたのは一門の滅亡だけは避けようと
やもえぬ仕儀でございました。
何卒御考慮頂きたくお願い申し上げます-----!!
saigyou.jpg
「・・世にとって最も良き断を下そうぞ----」
清盛の思いにこたえてくれたかに見えた信西ですが・・・
やはり戦いの敗者を待つ運命とは-----厳しいものでしたね~(涙)

サッカー勝利~!!やっぱ見ちゃいましたよ。
でも私、清盛も応援してますからね~~!!
0000063377.jpg

----------------------------------------------------

「武士の世はすぐそこまで来ている!!」
この戦いは武士の力を知らしめた戦いだった---しかし

この戦いの敗者(逆賊)とは
清盛にとっては叔父・義朝にとっては父・摂関家にとっては息子(頼朝)
勝利に酔うことのできない戦い・・・・。
誰もが 心のどこかでは 救いたいと願っていたに違いないはず・・
しかし逆賊をかばえば一門が滅亡なのだ・・・・。
解るけど わかんない世界だよね~(涙) 

そんな中1人薄笑いを浮かべているのは後白河帝さん。
得子さんが「いいきになるなよ~!」とクギをさしにあらわれましたが-
「ぞくぞくするのぅ…」
ますます笑いとまらずのよう??
今まで空気扱いだった自分が、今や誰もが注目し恐れる存在に・・・?
彼はようやく「面白く生きる」事を見つけたのかもしれませんね。

一方追われる身となった崇徳上皇は、自分を嘆きながら出家することに。
行き場を失った頼長は父に救いを求めるも
やはり一門を思う父に拒まれ・・・自害することに~~!!

「チチウエ・・チチウエ・・・」
彼のもとに頼長のオウムが・・・・
こんなトコで動物使うのなしにしてぇえ~~(爆泣)

焼け落ちた頼長邸で頼長の日記をみつける信西。
彼の目に光ったのは・・涙??
ワルのイメージを残した頼長ですが・・・
彼もまた腐りきった朝廷を憂い変えたいと願ったいわば同士。
栄華を極めた彼の末路に感慨深いものが有ったのかもですね。

そしてついに敗者への刑が決まる。
上皇は流罪。
そして武士たちは斬首------!!


まさに勝利の代償は大きかった・・
 その本当の悲劇は次回のようですけど・・・(泣)
信西のこの決断は本当に「世にとって最も良き断-」だったのか?
その答えも・・・これからですね!!
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T12472] 大河ドラマ「平清盛」 第22話 あらすじ...

戦の後の・・・新しい世の始まり----------。大きな転機となった前回の「保元の乱」それでも視聴率が振るわなかったのは、バレーのオリンピックがかかっていたということでしかたなか...
*---------------------------------------------------------------

[T12473] 【平清盛】第22回

保元の乱がついに終結。負傷した頼長(山本耕史)、山に逃れた崇徳上皇(井浦新)に悲劇が…。 さらに敗走中に捕らえられた忠正(豊原功補)と為義(小日向文世)に、信西(阿部サダヲ) から下された信じ...
*---------------------------------------------------------------

[T12474] 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男22清盛は忠正の刑の軽減を求めるも信西は崇徳上皇流罪!為義、忠正らに死罪を言い渡した

大河ドラマ「平清盛」第22話は保元の乱で崇徳上皇派は敗れてそれぞれ敗走するも、頼長は矢で負傷を負い、父忠実を頼るも面会を断られ絶望し自ら舌をかんで自害した。一方為義、 ...
*---------------------------------------------------------------

[T12475] NHK大河ドラマ『平清盛』第22回「勝利の代償」

戦の後の悲劇をきれい事じゃなく、こんなに悲惨に描くなんて。 ちゃんとしてるなぁと驚いちゃいました。 帝方が勝利を収め、敗者は散り散りに都から脱出しました。 上皇はついてきていた武士達に自分を置...
*---------------------------------------------------------------

[T12476] 次なる試練 ~平清盛・勝利の代償感想~

保元の乱の後、頼長は逃走中に矢にあたって致命傷を負う。 そして父の忠実に会おうとするが、保身を図った忠実は会おうとせず、失意のうちに亡くなる。 このドラマでは絶望した頼長が舌を噛み切ったというこ...
*---------------------------------------------------------------

[T12477] 平清盛 第22回「勝利の代償」~頼長(山本耕史)の「台記」と白いオウム「チチウエ」

『平清盛』第22回「勝利の代償」 宝刀を手にした義朝(玉木宏)は清盛(松山ケンイチ)を前にして「友を切るとはいかにも縁起が悪い」 清盛のことを友達って言ったわけじゃないよって照れちゃう義朝・・・。 清盛は義朝の不精ひげを見て、おふざけで「髭切」にする...
*---------------------------------------------------------------

[T12478] 『平清盛』 第22回「勝利の代償」

JUGEMテーマ:大河ドラマ保元の乱は、帝方の勝利でおわりました。しかし、これからの戦後処理こそ問題。清盛は叔父の忠正と、義朝は父の為義はじめ、兄弟たちとも戦ったわけです。その忠正は、伊藤忠清の配下に捕らえられました。いっぽう、源氏の館には、尾張で捕らえら?...
*---------------------------------------------------------------

[T12480] ひとりの女医の軌跡 ~梅ちゃん先生・恋の後始末その1感想~

いよいよインターンも終わりに近づいた梅子。 ハインリヒ狭山はやたらにドイツ語を多用する副教授。 ともあれ、割と知識も臨床経験も多くていい先生なんじゃないかな。 石井正則は三谷幸喜のドラマにはよく...
*---------------------------------------------------------------

[T12481] オマーン戦の代償

播磨(兵庫県)キタ━━(゜∀゜)━━ッ!!いよいよ、井戸敏三兵庫県知事が待ち望んだ清盛が播磨守に任じられた第22回の平清盛勝利の代償しかし、視聴率は関東地区は11・0%で名...
*---------------------------------------------------------------

[T12482] オマーン戦の代償

播磨 (兵庫県) キタ━━(゜∀゜)━━ッ!!いよいよ、井戸敏三兵庫県知事が待ち
*---------------------------------------------------------------

[T12483] 平清盛 第22回 勝利の代償

『勝利の代償』 内容 後白河帝(松田翔太)と崇徳上皇(井浦新)の戦い。。。保元の乱。 清盛(松山ケンイチ)義朝(玉木宏)のついた後白河帝が勝利し戦いは終結。 崇徳上皇だけでなく、上皇についた頼長(山本耕史)らは、逃走を始める。 一方、清盛、義朝は、武士の...
*---------------------------------------------------------------

[T12484] 平清盛 第22回

脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/松田翔太/山本耕史/西島隆弘/田中麗奈/武井咲/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/井浦新/上川隆也/國村隼 第22回 「勝利の代償」 % 保元...
*---------------------------------------------------------------

[T12486] 『平清盛』 第22話「勝利の代償」

 戦の終末、そして、それぞれの思惑、悲しみ、絆、愛などが盛りだくさんだった。しかも、それらが単なる羅列ではなく深いものだったので、見ごたえがあった。 頼長の最期  今回一番印象に残った。  頼長(山本耕史)が矢で首を射られたシーンでギクッとさせられ、父・...
*---------------------------------------------------------------

[T12492] 平清盛、義朝は大出世したのです!!

?宇治か近江国に退いて東国からの援軍を待つ。 ?崇徳上皇を奉じて東国に下り東国武士を招集する。 ?先手を打って皇居に夜討ちをかける。 為義が献じた三つの策がことごとく拒否されます 京都育ちのお坊ちゃま・頼長には京都から離れて戦う気などなかったの でしょう...
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/1800-414ba517
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |