現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

書けなくなった作家は死んでいるも同じ・・・ 
ウツボラ(2)(完) (エフコミック) (エフコミックス)ウツボラ(2)(完) (エフコミック) (エフコミックス)
(2012/05/17)
中村明日美子

商品詳細を見る
 
「ウツボラ」を書く為に・・地位も名誉もある溝呂木が
少女に犯され少女は彼の下で淫らに喘ぐ・・エロイです
意味深なセリフ、不可解な桜の行動、曖昧な溝呂木の供述で、
桜の正体は二転三転・・。彼女の妖艶な肢体が印象的な瞳が
彼女をますます謎めいたモノへかえてます。
ラストではそんな「桜の正体」も明かされているのですが
でもやっぱり違うのではないか--?と思わせる凄さだ。
明日美子さんの新たな魅力に、もはやクラクラ!
読みごたえも十分です!! 
★ 1巻こちら~~にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
----------------------------------------------------

書けないことに悩み苦しんでいた溝呂木は
「藤乃朱」の「ウツボラ」を盗作してしまった・・・
彼は「罪を犯す」ことよりも「書けないこと」に恐怖する
孤独な作家だったのだ。

そんな彼の前に現れた桜に盗作を脅され関係を迫られる溝呂木。
しかし彼が不能者ながら、その要求に従っていたというた事実が判明すると・・
この作品は一気に 彼の悲鳴が響き渡る壮絶な様相に~~。

自分を慕っていた編集者辻に罵倒され
大切な「宝(愛)」さえも手放した 彼の姿は
もはや心を亡くしていたようにも思えました。せつないです。 

この世には非凡なものと平凡なものがいる・・・。
まさに平凡な私には一生解らない----
書けなくなった作者の苦しみが迫る展開でございました(涙)

-----------------------------------------------------    
ふとしたことで出会った横領で追われる身だったOLと
作家溝呂木を偏愛し作品を送り続けていた富士子。

溝呂木の盗作を知ったOLは「ウツボラの作者:「藤乃朱(富士子)」になり替わり
彼を脅し関係を結んだ。
「なぜこんなことを?」怒る富士子に彼女は囁いた・・
「藤乃 朱」になれば溝呂木と一夜を過ごせる

富士子は彼を愛するがゆえにその言葉にのり
「藤乃朱」になることを決意。
こうして 2人は 丸で双子のように瓜二つの顔になったのだ

それは---OLの富士子になりかわるための策略だったのか
富士子の目を覚まそうと思っただけだったのか・・?
それとも・・・???

しかし「本当の溝呂木」をしった富士子は--
  ビルから飛んでしまったのだ--------- 



こうして多分--思いもかけぬことから
富士子としての新しい生をもらったOL=桜は
富士子の「遺言」の為に---動いていたようです。

では富士子はなぜ死んだのでしょうか・・?

あの夜彼女はしったのだ。
不能でありながら ウツボラの為に脅迫に屈し・・
書けないことに苦しみ怯える溝呂木を-----。
そして思ったのだという。
自分が彼にできることは小説を書かせることだと。

「自分の死を溝呂木はきっと書くだろう。
   それで 彼はまた 生きることができる・・
    自分は彼の作品の中で愛され永遠に生きるだろう・」
 
 トーマの心臓いわく・
  富士子は自分の羽を彼にあげたということなんでしょうが・・。
  その思いはやはり無償の愛--とはほど遠いものだったんでしょう。
  その思いは 彼に届くことは叶わず・・
 
 2人は 彼に 書くことではなく・
 書くことから解放する羽を あたえてしまったようです。 
 
 それは溝呂木にとっての幸せだったのかもしれない。
 でもやっぱそれはコヨミ同様「間違いだよ」と言いたいです(涙)
 
 本当はちゃんと愛する人がいた溝呂木。
 彼の中で生きるのは 朱でもない富士子でもない「彼女」なんだろう
 富士子の死はなんだったのか・・何とも苦い結末ですがリアルです~。
      



「OL=桜」でもう1度読み直しなんとか納得した私だけど
ラストでまたこんがらがった~~。だって 
「男を犯すような女が処女なわけないじゃん~~」
でもってもう1回「桜=富士子説」を探してはみたのですが・・
sakurasannhadotti.jpg
もはやこの絵で撃沈!!
この絵の一コマ前の絵で1人はばっさり髪を切っているのだ。
「心配なら部屋を真っ暗にしておけばいいわ・・」
「ありがとう・・」と言ってるのは富士子=髪の長い女だよね。
とすると死んだ女(長い髪だった)は富士子てことに。
絵もセリフも---まぁ、どっちがどうっちなんだか。
まさにお見事---!!はぁ~~。疲れた

そう言えばあのステキな刑事さんのトラウマはきえたんだろうか??
作品の為には盗作もあり---
そんな現実に打ちのめされた辻さんのその後も心配です。
是非とも番外編でお願いしたい---。

---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/1804-2d873b78
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |