現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

斬れませぬ!!
 命だけはどうか---!!!

kiremasenu.jpg
自分の身内を自分の手で斬首しなければならない
清盛。そして義朝の悲痛な思いに涙です・・
この時裏ではバレーも大接戦が~!!
もうどっちも見るの怖くて 辛かったな~~(涙) ----------------------------------------------------

斬れ清盛-----!!
斬れ 義朝----!


構える刀を振り下ろすことのできない清盛を、義朝を、
ともに奮い立たせようとする2人・・・。
覚悟の定まった彼らの願いはともに 
平家の、源氏の継続と繁栄のみなのだ--(涙)

そんな彼らに 遂に刀を振り下ろした清盛・・
全員とは・・棟梁ってホント大変過ぎだ(涙)
義朝は、ついにできず 家臣が斬ることに----!!
ともに・・見ごたえある 
むごさ、せつなさでございました~~(泣)


彼らの心をしってか知らずか・・
勝利の宴を催すという後鳥羽帝・・
「ココに残ったのは面白く生きることを許された
選ばれし者たちじゃ!!どうだ・・!生きる力が沸くだろう!
ゾクゾクするだろう!清盛!!」


高笑いする彼を見つめ 涙を拳を隠して・・
頭を下げた清盛。全ては平家存続と栄華の為・・・
しかし このままでは何も変わらない事も確信したようだ----

そんな彼の前に「その重き荷を背負い、この国の宝となれ」
現れた信西を殴りつけた清盛
「刀をもったこともないくせに---!!」
そんな清盛に信西は言い放つ
「太刀ならもっている。自分はこの腐りきった世の中に 知力という
 目に見えぬ太刀を振るい、 返り血や血反吐を浴びているのだと叫ぶ信西------
 「この信西 知力をもってそなたの野心を支えてしんぜる。
 そなたは武力をもって私の政を補え-----」

 今回の彼のこの非情とも思える所業の裏には
藤原摂関家を潰す(後ろ盾の為義一党の滅亡)目的があったよう
平家をまきこんじゃってごめんね~。
信西のあの涙には そんな思いもあったんですかね~~。
共に世を変えよう--という信西。その言葉に
 嘘はないように感じますが・・・・

その後清盛は平家棟梁として宣言する
平氏は常に一蓮托生だと---!!
もはや滅びるときは一緒----。
これがたとえ凶を呼ぼうとも当然の思いだと思います~(涙)


一方義朝の前には我が子鬼武者が--- 
「早く大人になって父上を支えとうございます!!」
 これにも泣けた・・。

保元の乱を乗り越えて---
王家は、源氏は、平氏はどうなっていくのか!見守りたい!!
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T12514] 『平清盛』 第23回「叔父を斬る」

JUGEMテーマ:大河ドラマあまりにも非常な斬首命令に、清盛は呆然としました。義朝は、父上を斬るなど出来るはずも、と抗議します。しかし、信西は「清盛なら斬るであろう」と、冷然として言い放ったのでした。これを言われた義朝は、返す言葉がないまま。帰宅した義朝は?...
*---------------------------------------------------------------

[T12515] 平清盛 第23回 叔父を斬る

『叔父を斬る』 内容 戦いの終結。 信西(阿部サダヲ)が下した忠正(豊原功補)為義(小日向文世)への処分は、 斬首だった。 “従わぬなら官位を剥奪する” 清盛(松山ケンイチ)義朝(玉木宏)らの命乞いなども、 信西に訴えが通るわけがなかった。 清盛は、その処断...
*---------------------------------------------------------------

[T12516] 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男23斬れ!!!忠正と為義は我らの屍を乗り越えよ!と清盛と義朝に託した

大河ドラマ「平清盛」第23話は信西から清盛は忠正を、義朝は為義を斬首せよと命じられる。清盛も義朝もその命に異議を唱えるも認められるそれぞれ苦悩するも忠正、為義はこれを ...
*---------------------------------------------------------------

[T12517] 「平清盛」第23話。

なんか回を増すごとに視聴率がえらいことになってるんすけど…ま、いっか!だって昔はともかくここ数年の高視聴率大河ってみんな中身すっかす(以下自粛)
*---------------------------------------------------------------

[T12518] 大河ドラマ「平清盛」 第23話 あらすじ...

忠正、死罪-----------!!この決定に当然反発する清盛。身内を斬る等出来ないと言う清盛だが、それを信西は容赦なく「武士だからだ」と断言。こんなときだけ武士扱い。うわぁ、信西っ...
*---------------------------------------------------------------

[T12519] NHK大河ドラマ「平清盛」第23回「叔父を斬る」

 ようやく来ました悲劇の斬首の段。ちょっと引っ張りすぎって感がなきにしもあらずですけど、でもでも重要な涙の段。ま、まあねえ、叔父様を斬る清盛様よりも、父上様を斬る義朝様の方がより多く悲壮感が漂ってしまいまして、どっちかっていうとドラマチックで主人公チッ...
*---------------------------------------------------------------

[T12520] 小説Cross Ballade 第10話『岐路』

けいおん!×SchoolDaysクロスオーバー小説、第10弾。 今回は誠の父親が登場し、唯に情欲を見せたもんで対立と。 誠の成長の上で、父親と父親から受け継いだ呪われた血筋は大事と思ったんで、登場させるこ...
*---------------------------------------------------------------

[T12521] 【平清盛】第23回

「斬首せよ」と、信じ難い沙汰を信西(阿部サダヲ)から言い渡された清盛(松山ケンイチ)と 義朝(玉木宏)は、叔父・忠正(豊原功補)と父・為義(小日向文世)を守ろうと奔走する。 しかし、かい無くつ...
*---------------------------------------------------------------

[T12522] 「平清盛」 第23回、叔父を斬る

大河ドラマ「平清盛」。第23回、叔父を斬る。 直前まで見ていたバレーが気になってたんですが、 今回はドラマの内容が良くて、すぐに集中できました。
*---------------------------------------------------------------

[T12523] 平清盛 第23回

脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/松田翔太/藤木直人/森田剛/西島隆弘/田中麗奈/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/松雪泰子/上川隆也/國村隼 第23回 「叔父を斬る」 11.6%...
*---------------------------------------------------------------

[T12524] 平清盛、選択肢がなかった為義と忠正!!

久し振りにテレビに見入ってしまいました 史実云々より演技に引き込まれてしまったのです。 特に玉木・義朝の演技は抜群でしたね 一本調子の清盛より役者としてはワンランク上の感じがしたのは 僕だけでしょうか?? 忠正を斬る清盛と為義を斬る義朝 清盛は自分で...
*---------------------------------------------------------------

[T12525] 『平清盛』 第23話「叔父を斬る」

今回の見所は、身内(叔父や父)を斬首する清盛と義朝  ですが、真のテーマがあります。 信西の真意と保元の乱の意義  黒くなった信西(安部サダヲ)が保元の乱を誘導したと考えてよいと思うが、保元の乱の意義は?  一言で言えば、藤原頼長(山本耕史)、崇徳院(井...
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/1806-6e2224ef
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |