現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

亜姫、君は俺の宝物だ-------------

女王の花 6 (フラワーコミックス)女王の花 6 (フラワーコミックス)
(2012/08/24)
和泉 かねよし

商品詳細を見る

黄妃を思い 亜姫を思い----
尽しぬいた彼の人生は--まさにあっぱれ!---。
彼女を残していくのは心残りだったろうけれど、
青徹・・・どうか安らかに。お疲れさまでした----(泣)
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ

----------------------------------------------------

「お前は私の愛が欲しかったのか--?」
亜王の問いに もはや「そうです-」とさえ言えなくなってしまった・・・
土姫を哀れに思う---でも同情はしたくない----。

彼女の嫉妬や憎しみが 亜姫の母の命を奪い、亜姫を追い詰め--
そして今もどれだけ多くの人を戦乱に巻き込んだのか---。

自分を、息子を愛さない
  冷淡な亜王を恨んだ土姫--------。
しかし全ての原因は----黄妃を毒殺するような---
恐ろしい 自分であったからだろう・・

感情のままに人々を戦いに巻き込んだ土姫へ---
亜王の最後の言葉は
「哀れな女だ・・・・」だった。

軍に飛び込み瀕死の状況での最後の一撃も----
彼女を殺すこと叶わず・・遂に逝ってしまった青澈---。

彼にはずっと亜姫の傍にいてほしかったけれど・・・
もはや滅ぶ覚悟だったんだね----。

「黄妃に限り不義はない------」
黄妃を愛していたかのような 亜王の言葉にはちとびっくり
でもやっぱり違うのか・・
自分でもよくわかっていないのか----?

でも彼には愚鈍な息子より亜姫が必要だった・・
すべては亜国のために----
---それが王たる者の務め----!?

人である前に王であらねばならなかった----
人にさえなれないものが 王になれるか---!と
彼に言ってやりたいのは山々なれど--- 

---嫉妬と言う感情もなく?青澈を信頼してくれた---
それだけには感謝しておきたい----

亜王に----青澈に---国を託された亜姫

逃げたい・・でも捨てたくない----。
いっぱい愛してもらったから
私の道は苦しいだけじゃなかった
血まみれかもしれないけど
ちゃんと花も咲いている道だった・・・・・


彼女は女王への道を----進むことを決意したようです。
頂点に立つものの大変さや孤独を--
これから 亜姫は 薄星とともに
嫌と言うほど---知らねばならないんでしょうね~。
しかし~~これはいったいどういうこと~?
まさか・・・(死んだりしないよね~~:涙)


遂に阿王を殺した土姫の胸にあるのは---
息子を王にすること----!
それとも今だ 誰からも愛された黄妃への憎しみなのか---。
彼女とともに 亜姫・薄星の行く末を見守りたい!

---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/1896-8e6f7937
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |