現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

廃墟にて「紅天女試演」の記者会見が-!
さぁいよいよか!!と思ったけど・・
やっぱり 演劇ターンはまたもお預けだった~

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)
(2012/10/05)
美内すずえ

商品詳細を見る
 
恋愛模様も 真澄さんの苦悩っぷりも 予想通り---。
とはいえ紫織さんの壊れっぷりは予想外のすさまじさ・・。
思わぬ伏兵に---驚きすぎる真澄さんに びっくり~!
しかし-マヤへの態度は酷い・・。ありえナイ!

今更だけど、「試演」って意味わかんない。
負けたほうの役者さんたちタダ働きなのかな~?
★1~42巻あらすじコチラ!!
★43巻 ★44巻 ★45巻 ★46巻 ★47巻
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
----------------------------------------------------

部屋いっぱいの紫のバラをむしり続ける紫織さん----
彼女にとってそのバラはマヤなんでしょうね~~。

看護婦に切りかかり、マヤの写真をバラとともに燃やし
危うく火事になりかかるは、またも入水自殺を図るは・・
想像を超える壊れっぷりに 驚愕する真澄------。

後継者の座&財産も譲るから助けてほしいと懇願され・・・・
もはや 彼のとる道は1つ----。
---すまない・・・!!マヤ----。

「結婚するんですか・・速水さん?
 じゃあ・・・船の中で あたしに言ったことは・・・?」

「船?ああ・・・あの時は 君のおかげでいい退屈しのぎになった。
 礼をいうよ チビちゃん。
 そこをどきたまえ きみの相手をしている暇はない!」

 って。だからってこういう態度とるかな~~! 
 冷たくして 自分を嫌わせ 相手が 自分から去るのを待つ?
 こんなにマヤを泣かせて・・・?

真実を知ればマヤだって、もうちゃんとあなたの苦悩を理解できるはず。
いい加減、ちゃんと自分の気持ち--伝えようよ・・・。

「マヤちゃんを傷つけるのは許さない---!!」
「安心しろ・・。彼女はきみのものだ・・」
また 安易にそんなこといっちゃって-----。
 振り回される桜小路くんも気の毒すぎる~。

そんな彼に喝を入れた?のは--
何と真澄の影として生きてきた聖さん---。

「なら--北島マヤはぼくがいただきます
    自分が紫のバラの人だと、名乗ります---」

それは 聖さんなりの荒療治---?
でもちょっと本心入ってたのかな~。
 彼もまたずっとマヤを見守ってきた1人だものね。

真澄さん、大動揺!?彼にナイフまで投げつけちゃって---!!
そこまでマヤを思ってるなら---
まさに同情で結婚したって誰も幸せになれない。よね・・

とはいえ 私はマヤと真澄の恋愛模様なんか苦手なのよね~~
こんな状態の紫織に背を向けても幸せになれるとは思えないし~。
なんかやな展開だな~~!!

見えないながら 超人的な感覚を身につけた亜弓さん---。
苦しい恋を乗り越えようとしてるマヤ----
紫織さんにも強くあってほしいわ~。

私が見たいのはやっぱ
亜弓とマヤの紅天女!
次こそは2人の対決を------よろしく~~~!!(涙)
---------------------------

コメント

真澄さん、まだ30歳なんですね! 若い!!@ @
もう40は軽く越えているかのように感じていました。
いつのまにか(?)自分が真澄さんの年齢を追い越していたとは(笑)
そしたらマヤは、22,3ってところでしょうか? ひえぇ…。

こんばんは~お久しぶりです♪
速水さんは32歳くらい、マヤより11才年上みたいです。
とはいえこの作品 年は禁句---。
なんてたったって月影先生が戦争時代に生きてるんですから~(笑)
漫画の主人公をどんどん追い抜いてゆく--。
切ないですね~~はぁあv-355

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/1901-16dfe44d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |