現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

父上、なにとぞ、都帰りをなさってくださいませ!
平家がすっかり孤立してしまわぬうちに-----。

j_t02200103_0800037512323151045.jpg
 「それはできぬ----!!」
「福原に遷都する」それは武士が頂に立ったことの証
一族、友、皆の生きた証。皆の夢---。
その為に清盛は一人--つき進んできたのだもの--ねぇ(涙)
しかし 泣きながら訴える息子の姿にようやく気づいたよう・・
今やその夢を見る者はいないのだと・・
「武士の世とは何だったのか・・・・?」
幻と消えた福原をみつめる清盛が切ない----。
しかし 頼朝の瞳にソレは--見え始めているようですね!
 
 

----------------------------------------------------

断腸の思いの中----
福原を捨て京へ戻った清盛ですが、やはりすべては
遅過ぎたよう----。

南都(奈良)の鎮圧に向かわせた重衡の軍が焼き討ちをかけ----
東大寺をはじめ大仏・寺院すべてを灰にしてしまったのだ・・・。
 
もはや運が尽きたということよ。
 天は平家を見はなしたのじゃ・・・・


勝利に顔を輝かせる重衡に
  ねぎらいの言葉をかける清盛・・・

「ようやった…。
 ようやったな、重衡・・・・」


それは 案外 本心だったのかもしれませんね・・
覚悟を決められたことへの----(涙)



---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/1937-190e5174
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |