現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

もう休ませてあげたら--?だって もう こんなに
 頑張ったじゃない。おまえの為に-----!!


リーゼロッテと魔女の森 3 (花とゆめCOMICS)リーゼロッテと魔女の森 3 (花とゆめCOMICS)
(2012/11/20)
高屋奈月

商品詳細を見る

あの時--エンリッヒは死んでいた・・。
彼女の前にいるのは リーゼを守るために傀儡となった淵月--。
再び自分の為にボロボロになった彼を 救うため
木の妖精アイヒエに自の体を差し出したリーゼは。
髪を!目を!腕を!奪われていく・・・
かわいらしい絵にまどわされてはいけません----!!
この描写のみならずお得意の心理戦もドSだし、笑いもそして切なさも---
ぎゅっと詰まっとります!!「淵月」のかっこよさとともに高屋氏の描く**
「ブラックファンタジ-に!」期待です!
1・2巻感想コチラです♪ ----------------------------------------------------

帰りたいリーゼのもとへ----
魔女に願い「傀儡:淵月」となってリーゼのもとへ帰ったきたエンリッヒ。
何者かに襲われたリーゼを救うも・・なぜかもはやボロボロ・・・
実は元の名(エンリッヒ)を呼ばれるたびに
彼の魔法は解けていたのだ---。。

なぜ言わなかったのか-----------。
決まっている。それは自分を苦しめたくない為だ・・

ドSな妖精アイヒエに、エゴだ!自分を救いたいだけだ!
っと-痛いところをつつかれ続け心揺らす彼女ですが

希望があるなら私はすがる! 願う!せがむ---!
今度こそ伝えたい言葉が たくさん あるんだ・・・・


そう叫ぶリーゼは、またも笑顔で--
最強っぷりをみせてくれます。でも・・・・

「何をくれる・・?」と聞かれ躊躇なく 
髪を目を腕を差し出した彼女の姿に・・・

私は十分 彼を思う彼女の 悲痛なまでの思いの強さを--
感じましたけどね~~。(涙) 

しかし、それを怒る淵月!彼のリーゼへの思いをしったアイヒエは
「欲しいもの----」にきずくのです
それは---
淵月のリーゼロッテの記憶---

まさに----最強のいじわる・・・・。
確かに救われた彼だけれど---
すべてを忘れてしまった彼には
リーゼが伝えたかったたくさんの言葉はもう届かない。
命を残してもらった意味もない----。

さすがに落ち込む彼女だけど・・
やっぱり希望を見つけて、笑顔!!まさに最強!!

でもそんな彼女をみつめ1人涙するアルト---
強がりばっかでイライラする---!
でも・・やっぱり 笑ってるリーゼが 好きなんだ----。

--これから何を忘れようと
      リーゼロッテを泣かせるな!!--


淵月にむかってさけぶアルト---。
ツンデレながら…彼も---泣かせてくれます。

王子→ 黒王子 → クール王子・・。
淵月は エンリッヒとはずいぶん違ってしまったけれど・・・。
でもそれは 確かに そんな彼を知らなかっただけ---
なのかもしれない。

君は自由だ。でも 私はここにいてほしいと望む--
望むからには いたいと望まれる自分になる-!


そう笑う彼女に ふふっっと 笑った淵月は
リーゼをお姫さま抱っこして ぐるぐる~!!
淵月に抱きついて 頬を染め笑うリーゼは、
それでも幸せそうで--なんだかほっとさせられました・
ri-zeoo.jpg

記憶を亡くした淵月。世話役アルト、アンナ。使い魔
そして魔女のヒルデとミルテ*-----。
リーゼの周りは素敵な仲間でいっぱいになってきましたよ。

 淵月を作った魔女とは?あのペンダントとは?
 リーゼを襲った彼ヴェルヘルとエンリッヒの関係とは-?
 黒幕は やっぱり 兄リヒャルトなのか-----!?
 見守っていきたい--と思ってます---。

 



---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/1967-3b8f1dd3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |