現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

「俺たちは 生きていかなきゃいけない。
 これはそのために、必要なことなんだ・・・」
19165330.jpg
報道陣にむかって、語り始めた良幸・・
ソレを見つめ---怒りをあらわにする慎司----。
高橋家の「人にはいえない秘密」とは----?
ついに事件の真相が明かされる・・!?
帰省しておりました~。遅らばせながら感想を--- ----------------------------------------------------

マスコミに向け良幸は語った。
父はずっと暴力をふるっていた----。
事件はそれに耐えかねて起こったのだと。


そんな兄に怒りをぶつける慎司。
それは すべて---
ウソだったからだ・・・


証言する前の日------。
真実が知りたいという比奈子に良幸は叫んだ・・
「何が真実(ホント)かじゃない.どう証言するかだ!」と-

「1番怖いのは世間の目。俺達は、この先ずっと・・
いわれのない悪意を受け続ける。
自分達も被害者だって思われない限り
 一生逃げられないんだ---------。」


何にも悪いことしてないのに 嘘つかなきゃ生きていけないの--?
父は本当に優しくて 最高の父親だった・・
そんな父を貶めるなんて----納得できないと比奈子は泣いた・・

でも1番そう思っているだろう兄が「これは必用な嘘」だと言うのだ。
 3人がこれから生きて行く為に---

実は慎司も事件を目撃したわけではなかった。
でも殺したのは母。
そして母を狂気に走らせたのは
兄に何もかもが劣っている「自分」のせいだと思った。
怖くて怖くて・・彼はその現実から逃げたかったのですね。
でも、未成年の自分が犯人なら罪は軽い、母も釈放される--。
彼も彼なりに母を守ろうとしていたようです
でも彼は兄の「決断」により、救われたと言えそうです。

 兄良幸は頭脳だけではなく・・
  心も優秀だったと言えるんでしょうね~。 

しかし-----。
それこそが義母淳子を追い詰めていた「もの」だったとは・・
誰も気付く訳もなかったのだ・・・・・
美しくて、優しくて、まさに。
淳子こそが 完璧な妻。完璧な母親だったのだから。

でもソレは 彼女が必死に作り上げてきた仮面だった--。
そう言えば彼女って カップラーメンを食べる姿でさえ
家族に見せたくなかった人だもんね。
それは自分が描く理想の母親像ではなかったんですね。

しかし子育てが思い通りにいかなくなって・・
焦り 苛立ち、怒りが抑えられなくなって・・・
彼女は 仮面をかぶれなくなっていく--自分を恐れた。
それは 自分の理想とは遠くかけ離れた自分だったからだ

淳子はそんな自分を絶対にみられたくなかったのだ。
夫に---そして良幸の後ろにみえる
完璧な母親=前妻」にだけには==!!
・・・・ちょっとわかる気もしますね~~。

彼女が夫を殺してしまったのは---
あの夜必死に作ってきた仮面が外れてしまったからなのですね。
夫に本当の自分をしられてしまったから---。


 彼女が信じていた「本当の自分」は
 彼女が思うほど 醜い姿ではなかったのにね・・。

「慎司に勉強勉強って言いすぎるな。
 あいつには、あいつの別の取り柄があるんだ。
 頑張らせなくてもいいんだよ。」

「もうこの世にいない相手と張り合ったってしょうがない。
 死んだ人間には勝てないよ。
 勝とうと思わなくていいんだよ・・・」

旦那さん。本当に優しい人だったんだな~~と思う。
最後の最後まで優しかったよね~~。
何故この言葉が彼女には 届かなかったのか----?
本当に残念でならないわ・・。

ソレは彼女が自覚したように 
歪んだ心が 歪ませてしまったから---。
それが あんなにも仲良しだった家族を壊すことになろうとは・・・
まさにもう・・言葉もない思いです・・・(涙)

最後まで前向きだった良幸だけど
父を貶めた自分を 義母をどう許せばいいかわからない・
苦しいだろうな~。
さすがにあの父も天国で 肩を落としてると思うもん~~。 
正直に言っていても3人は充分同情に値する子供たちだと思うけど。
やっぱ世間はそう甘くない・・・ンですかね~。辛いです。

人の振り見て我が振り直せ----じゃないけど
高橋家の事件をよそ事とは思えなかったからこそ
遠藤家は救われたと言えそう---。
そして小島さんもまた---
そうだったのではないでしょうか・・。
*(刑事さんの善意にも感謝だったね♪)。

覧車は不思議な乗り物だ。どこにも行けない。
でも・・どこにも行けなくたっていい。
昨日から今日、今日から明日
変わらずに回り続けることがどれほど幸せか
今なら分かるから-----。


 う~ん。わかっちゃいるけど なかなかね~~。
  でも今は心したいと思います===
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T13460] 【夜行観覧車】 第10話 最終回 と統括感想

観覧車は不思議な乗り物だ。 どこにも行けない。 どこにも行けなくたっていい。 昨日から今日、今日から明日 変わらずに回り続けることがどれほど幸せか 今なら分かる。 夜
*---------------------------------------------------------------

[T13461] 夜行観覧車 (第10話 最終回・3/22) 感想

TBSテレビ系ドラマ『夜行観覧車』(公式)の最終回『犯人が語る事件の動機…家族の未来』の感想。 なお、湊かなえ氏の原作小説は未読。 「珠玉のサスペンスドラマ」と言う売りだ
*---------------------------------------------------------------

[T13462] ドラマ「夜行観覧車」 第10話(最終回)...

事件の真実-----------!!最終回はわりと強引にまとめました的な感じだったなぁ。結局救われたのは遠藤家だけか?良幸がリポーターたちを前に会見を開いた意図は・・・。どうするのが...
*---------------------------------------------------------------

[T13463] 「夜行観覧車」第10話(最終回)★原作とかけ離れたドラマの是非

「夜行観覧車」第10話〜最終回 湊かなえが奏でた精密な心理劇『夜行観覧車』が、TBSによって改稿されて、こんなドラマになっちゃった。 『好みの問題』『原作を読んでいるか否
*---------------------------------------------------------------

[T13464] 夜行観覧車 第10話(最終話)

第10話「犯人が語る事件の動機…家族の未来」2013.3.22 2013年、事件九日後。 「ひばりヶ丘」に報道陣を集めた良幸(安田章大)は、比奈子(宮﨑香蓮)を引きつれ、「何が本当で、何が嘘...
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2016-1741c529
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |