現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

バーカ。 俺は そんなセコい男じゃねーよ。
 お前が元気になりゃ それでいいよV----

恭之介ってば・・案外いいヤツ==(笑)
kabuki.jpg
熱で倒れたあやめの為におかゆを作ったりバイトを変わってあげたりっと
恋に、稽古に頑張ってる恭之助.でも---
歌舞伎だけに打ちこんで欲しいと願う父世左衛門(岸谷五朗)と
心はすれ違い、稽古もうまくいかず-----
遂には大乱闘を起こし怒らせてしまうことに・・・。
写真の笑顔・・なんかいいですね♪
ある意味青春物語なのよね。大好物~。 ----------------------------------------------------

ヒロ君が一番の歌舞伎役者になるのが 私の夢だもん・

二人の仲よさそうな様子に心乱れる恭之介。
今日は調子が出ない・と稽古場を去ろうする恭之介に一弥は叫ぶ。

「あなたは 名門の御曹司という責任を背負いきれず
 でも それを認めたくなくて いつも 他の何かのせいにして逃げている。
 僕があなたなら それだけのものを持って生まれた幸運を
  無駄使いしたりしない---!」


何もわからないくせに---!!

一弥につかみかかてしまった恭之介。
そんな彼に 父は言い放った---。
「もう二度と、舞台には立たせない----!」っと。


そんな2人を見つめつぶやく江波さん。。。

「連獅子」の心境ですか・?
我が子を谷に突き落とし這い上がってくる事を信じている。
私はいつも思うんですけどね・・。ホントにしんどいのは
這い上がってくる子より待ってる親のほうだなって---。

本当は誰よりも息子を案じている父。
跡取りという重圧に苦しむ恭之介の思いを
一番知っているのは彼だろう・・

そんな父の思いもしらず---
失意の中家を飛び出した恭之介。
そんな彼に声をかけたのは、先輩役者完二郎だ。

「俺は 小さいころから楽しそうに芝居するおまえにくぎづけだった。
 お前は歌舞伎の申し子だ・・・。
 お前の歌舞伎には 見る人を幸せにする力がある
 お前が舞台に上がるのはな 誰の為でもない・・
 待っててくれる人達のためなんじゃねえのか?」

次の日---そこには父に頭を下げる恭之介の姿が。
 「もう一度やらせてください!!
  歌舞伎が好きだから。  俺には 歌舞伎しかねえから
 
 もっともっと うまくなって、 すげえ役者になって
  お客さん めいっぱい喜ばせて・・。いつか・・。
  親父を超えてみせる・!

這いあがってきた息子を見つめ
「最後のチャンスだ。 次は ないぞ--」

才能は---こうした素晴らしき人々の間だからこそ
育まれるものなのかもしれませんね~~。

一方 あやめとお嬢様との間で揺れ動く一弥----。
彼の野心は、いろんな意味で危険をはらんでいそうだ・・・。
「お前に負けるわけにはいかない--!」
「待ちくたびれましたよ、恭之介さん!」
中山君凛々しくなっちゃって~。
*「恋して悪魔」のレビューコチラ

2人の戦いを---見つめたい~。
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T13649] ぴんとこな 第2話

公演を終えた恭之助(玉森裕太)は劇場から出て来て、ファンの子たちに囲まれてプレゼントをもらっていると、あやめ(川島海荷)の姿を見つけます。 彼女に声をかけると、一弥(
*---------------------------------------------------------------

[T13650] ぴんとこな 第2話

『切ない片想い…ダメ御曹司は恋の力で強くなる!』 内容 ついに舞台に立った一弥(中山優馬) 同じ舞台にいた恭之助(玉森裕太)も、気合いを入れ始める。 そして。。。劇場から出
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2079-ad4271d4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |