現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

「お前に歌舞伎はすてられねぇよ!
お前は俺と歌舞伎をやるんだ!!」


5134bElcSyL__SX230_.jpg
舞台で大失態をおかし、歌舞伎をやめることを決意する一弥。
そんな彼をやめさせまいと奔走するあやめや恭之介。
そしてブラックながらお嬢様も奔走=いや迷走~~~!?
いったい何やってるんだ??自分でわかってる???
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
----------------------------------------------------

父や完二郎に「もう1度チャンスをやってほしい!!」
と頭を下げる恭之介。
「オレなんでこんなに必死なんだ??」
自分でもわからない思いに突き動かされる恭之介。

このままにはしない--そうあやめと約束したから・・?
いやそれだけじゃない・
恭之介が本当に一弥に辞めてほしくない!!と願ったからなんですよね♪

「これを最後の舞台にする----」
 そんな一弥を なんとか説得し 稽古開始==!!
2人の演目は「三人吉三」
運命的な固い絆で結ばれる坊(恭之介)とお嬢(一弥)のお話だ。

無事舞台に立てることを知り喜ぶあやめですが---。
 「河村君とヒロ君にピッタリだね。
  私は 二人のことちょっとうらやましいもん 
  この先も ずっと 並んで歩いていけるんだろうなって
  私は もう ヒロ君の 前を行く背中しか見れないから・・・」


 寂しそう。。お嬢様の心を組んで
 もはや身を引く覚悟なんですね・・。

一方 みんなの善意で立てた舞台なのに*---
その瞳には以前の輝きはなく真剣さも見えないことに怒る恭之介----。

のめりこんでしまったら 歌舞伎から離れられなくなる・・
でもここに居たらまた大切な何かを無くし
あやめを傷つける最低な自分とつきあわなきゃいけなくなる------
そこには そんなことに苦しむ一弥の姿があったのでした。

そんな中---梢平のどす黒い企みが進行==。
本番直前あやめの名で一弥を学校へ呼び出したお嬢様は
なんと彼を倉庫に閉じ込めちゃったのだ------。
舞台は代役として梢平が準備を始めることに----。

絶体絶命の中----一弥はようやく気付く
「イヤだ・・ このまま終わりたくなんかない
 もう一度… 舞台に立ちたい
 僕にはやっぱり・・ 歌舞伎しかないんだ」

その時、しめられてた扉があいて一弥は舞台へ----。
頑張れ頑張れヒロくん----!!走り去る車に手を振るあやめ
ようやくあやめだときづくものの・前を向き車を走らせたヒロくん。

う~~ん・・なぜあやめが??・という疑問は残るけど・・・
それは2人の決別の時---だったようです。

中山君の女装はなかなか美しいし話口調もさすがですね。
「僕は立場も実力も 恭之助さんに並んでみせる----」
 そこにはまたギラギラした一弥の瞳が復活してました。

でもそれは優奈と結婚し 澤山家を継ぐ---
 ことを意味してるんでしょうかね~~。
 梢平の脅されたとはいえ今回の所業は
 一弥を破滅させていたかもしれないわけで・・・・
 お嬢様---なにしてんじゃい!!!
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T13677] 「ぴんとこな」第6話 感想

 恭之助は完二郎に一弥が舞台に立てるように頼む。
*---------------------------------------------------------------

[T13678] ぴんとこな 第6話

公演中に号泣してしまった一弥(中山優馬)が姿を消してしまい、恭之助(玉森裕太)は、一弥をこのまま辞めさせるわけには行かないと捜し始めます。 大好きなあやめ(川島海荷)
*---------------------------------------------------------------

[T13679] ぴんとこな 第6話

『歌舞伎界追放!!未来が今、閉ざされる−』 内容 あやめ(川島海荷)を失うだけで無く、公演に選ばれた理由を知り、 公演中に号泣してしまった一弥(中山優馬) 舞台を放棄し、姿
*---------------------------------------------------------------

[T13680] ドラマ「ぴんとこな」第6話

第6話「歌舞伎界追放!!未来が今、閉ざされる-」   
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2094-307dc23e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |