現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

月刊メロディでは遂に 立人始動!!
ハリーの後継者か。倣の総帥か---。やっぱ立人はこうでなくっちゃネ♥ 
カッコイ~~!!はぁあ。楽しみっ
花咲ける青少年 特別編 4(花とゆめCOMICSスペシャル)花咲ける青少年 特別編 4
(花とゆめCOMICSスペシャル)

(2013/09/05)
樹なつみ

商品詳細を見る

っとその前に--この特別編4巻では--
過去:ルマティの祖父マハティ時代のお話が展開します。
前巻の続き「後宮編の後編」ですが--秀悦(涙)
そして 立人・少年編も収録。読み応えたっぷりです!!
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ

----------------------------------------------------

『後宮物語:後編』

石油産国ラギネイを狙う西洋諸国に燦然と立ち向かうマハティ。
まさにラぎネイ伝説の王。
美しさの中に迫力と知性と優しさを備えたその姿は
1巻登場時の彼では---ありませんね~~(笑)

しかし彼はつぶやくのだ。
自分をここまで導いたのは、キャスリーンだと
彼の心の中にはずっと彼女がいたのです。

しかしそれこそが第一正妃アレーナとの不仲の原因。
しかしひょんなことから 彼女の王への深い愛を
知った第二正妃セレイラは、2人の間にある壁を壊そうと
一生懸命でしたが----。

愛するがゆえに許せなかったアレーナ。
そんな彼女の為に近づくことをためらった王---
1度掛け違った心を戻すことは叶わず・・
本当に人の心は難しいですね・・・・。

でも彼女のその思いや行動は、
2人にはともに好印象だったようで---
その後 3人は 仲良く月見をしていたそうな・・。

やってみなくてはわからない----。
彼女は 優しいだけでなく案外行動派だった様です♪
img_510920_16329052_0.jpg

実はマハティがハリー(子供)を知ったのは
彼女が侍従ナイルに命令した調査のお陰でした。

しかし彼は不慮の事故で死亡----。

彼の死に呆然とする彼女の前に現れたのは第一王妃アレーナ。
セレイラが密かに彼を思っていたことを知っていたのです。
泣いていいのだと促され、彼女の傍で泣き崩れるセレイラ。

そこには王の妃として嫁いだ彼女たちならではの
想いとともに 不思議な友情も---
みえたきがしました。秀悦-------(涙)

そしてもう1つの泣かせどころは
-そのナイルが残したこの「調査結果」に託された思い--。

そう、彼は 王命(キャスリーンの行くへを追ってはならない)を破り
セレイラの命でキャスリーンの行方を追っていたのです。
それは彼の 命を懸けた 彼女への愛の証---。

 彼の思いを胸に受け止め微笑みあう2人。
 私たちはよい夫婦になれる・そうは思わないか・・?
 何か・・じんっとさせられました。
 
 人を愛するということは
 相手が愛しているものをも含め大切に思う---
 そんな心でいるということなのかもしれませんね~~。

 
 『立人・少年編』

立人の父視意をメインに、少年時代の立人
若き日の祖母らが登場~。
倣一族の過去の闇と謎に迫る物語が展開します。

一応全ての謎は明かされたものの真実は隠されたっぽい。
やっぱ倣一族の結束は---怖ろしい~~。お見事!!
ラストでは---父視意とハリーとの友情に
BLを 漂わせて---終焉。・・・・美しいぃい~~~



---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2108-0a21c782
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |