現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

この脳を この頭の中の画を 
そのまま みせられたら...この男に...そのまま--。 

秘密 season 0 1 <br />(花とゆめCOMICSスペシャル)秘密 season 0 1
(花とゆめCOMICSスペシャル)

(2013/08/28)
清水玲子

商品詳細を見る

両親の死は自殺ではない。殺されたんだ---。
大学時代---その真実を求めて、両親が死んだ
あの火事の日の記憶を呼び起こすべく
MRI技術の研究に命を賭して協力していた薪---。
第一印象最悪ながらそんな薪に惹きこまれ協力することになった鈴木。
薪と鈴木の出会い。そして薪の出生の秘密があきらかになる!!
トップシークレット・ スピンオフ作品開幕!!
☆雑誌メロディ掲載時感想~
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
----------------------------------------------------

てっきり薪さんは遺伝子操作で生まれた子供なんだと思いこんでいた私には
ビックリだったし鈴木さんも青木とは真逆な人だと感じたけど

それでも薪さんが似てる・・と感じたのは
薪さんの笑顔の為なら何でもしてあげたい----
ともにそう思っていた男だったからなんでしょうね~。
薪さんは知らないんだろうけれど…(笑)

6e8d15aa.jpg
僕はどうしても確かめたかった
 あなたが『犯人』ではないという 
確かな証拠が欲しかった 必要だった!--

薪と鈴木の出会いの物語----。
でもそれは薪の両親の死の真相に迫る物語でもありました

悪印象しかなったのに協力することになった鈴木---。
それは薪の優秀さとともに相反する頼りなさに
惹かれてしまった・・からなのかもしれません。

一方「彼なら---!」所見でそう思った薪もまた
はじめから惹かれる「何か」があったということなんでしょうね。

そして2人は その真相にたどり着く-----。
でもそれは 薪にとって悲しみでしかない--結末でした。

お前は いや この家って 呪いがかかって時が止まった
お城とお姫様みたいだな。
・・・呪いを解かない方が幸せなのかも---


鈴木のその分析や予感は全て的中していたといえそう・。
天涯孤独となった薪さん・・
でも鈴木に言われて気づいたみたい・・。

無報酬で 自分の死さえも恐れず動いてくれた
これからは鈴木という友達が一緒なのだと---。



はぁああ・・・読み応え有りました===!!
しかし、彼が犯人だとすると----
あいかわらず納得できない矛盾点が
いっぱいなんだよなぁ~~。

火事の時何人もの人が集まっていながら
いないはずの彼が薪を救った時点で---
もはや容疑者確定のはず。
その後薪を引き取り 家を乗っ取ってる展開も無理あり過ぎ

顔を焼いて素性を隠しながら本名を名乗ってたり
会員になれば自分の写真をみられる---ことをしりながら
薪をプレミアム会員にしたがったり・・。
やっぱ。。腑におちないんだよな~~。

彼は犯人として逝ってしまったけれど---
犯人は他にいるんじゃないか-----???


ココからは完全に私の私の為の自己補完なので注意して下さい!
両親を殺したのは「プレミアム総山」!!
理由は===怪しい集団だったから(ガハハ)
薪の両親を憎んでいた彼は 利用されたのだ。
でも薪だけは救いたい---そう純粋に思った。
あの顔はその証。彼はワザとやいたのではなかった。
自分の顔など彼にとってはどうでもよかったのだから・

そして彼はいつかきづいてほしいと思った・・
自分こそが本当の父だったのだと----。

・・なんて===こんなドン伝返し==ないだろうな~~


薪の両親は澤村を憎んだことだろうな~。
でも薪の聡明さと美しさは---
澤村も両親をも憎しみを愛にかえさせてしまったのかもしれない

薪さんが笑顔であってほしい----
 
それは両親の彼の 鈴木の願いだった。
薪さんは 本当は みんなから 
愛されていた事が解って・・ほっとしましたね。

 でもそれもまだこの時は
 きづいていなかったのかもだけど・・・♪

 
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2111-80327b63
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |