現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

「我々の仕事は真実を追求することではない。依頼人を守ることだ!
訴訟は勝つか負けるかのギャンブルだ!」

etk52s3z2I7UEARxya2MJBoyWAvaFd8G.jpg
ハイテンションで怒涛のように毒舌を吐きまくる古美門---!
演じる堺さんの凄さに圧倒されながらも大笑い♪
「僕の目標は 勝ち負けじゃない
世界から争いをなくすこと。皆が幸せになる世界を作ることだ!」

そんな彼と対峙するのは真逆の信念を持ちながら彼もが認める男
「人たらしこと白王子「羽生」岡田くんも好演♪
悪女小雪を救う物語を背に様々な事件が展開する今作。
やっぱ面白い~~!
古美門と羽生の間で揺れる黛(新垣結衣)
6話ではついに古美門のもとから離れることに。
今後は2人の師弟対決が展開しそうです。
ではここまでを簡単感想ですが記しときます==。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
★7話  ★8話 ★9話 ★最終回 ----------------------------------------------------

1話(羽生&古美門タッグマッチ~♪)
①「アイドルオタク達の集団訴訟」 
「あなたは純潔を信じていた彼らを裏切った(騙した)それは詐欺です!」
アイドルを激しくバッシングしたところで羽生にバトンタッチ。
「・・でもあなたが嘘をついたのは、ファンに夢を与えるためだ。
 でも石油は石油 水は水 あなたはあなたでいいんです。
 もう自分を偽る必要はない。今度はあなたが幸せになる番です・・」
アメとムチ戦法で見事古美門勝訴!ポーズも決まった~~(わはは!!)
★でもやっぱコレ詐欺なんだろうか・・アイドル気の毒すぎっ!

②「社長一家殺害事件の容疑者大女優貴和(小雪)の弁護」(羽生VS古美門)
この時羽生は検事側(松平健)で古美門と対決し見事?勝利--!!
★初の敗北に古美門は植物と化してた--(笑)
皆の支えでその後復活した彼はリベンジに燃えることに。
この訴訟の行方はラストまで持ち越し---??♪


第2話 「名誉棄損訴訟」  (羽生&古美門VS鮎川)
インサイダー取引で実刑となった鮎川光(佐藤隆太)は弁護士をつけず自ら
自分を誹謗中傷したマスコミ&ブロガーを訴え勝訴・・。

そんな彼に臆した羽生(NEXUS設立)は古美門に共同弁護を依頼。
「暑いときは日陰を見つけろ---」ってことの様で(笑)
2人が弁護するのは鮎川がモデルである漫画を描いている玉川たま(谷村美月)だ
「名誉棄損?この漫画を読むまでもなく誰もが知っていたことだ。
 あなたがろくでなしだと--!表現の自由は民主主義の根幹。不満なら独裁国家へ亡命したまえ!」

今回も素晴らしき毒舌ップリは圧巻!!しかし実はこの漫画、復讐を込めたフィクション
だったことがわかり黛&羽生は大慌て。和解を求め迷走しますが・・・
コレが話題となりうちきり寸前だったこの漫画が再燃--。
実はそれこそが鮎川の狙い。それは彼なりの彼女への贖罪だったようです。
2人の間には昔の因縁があり彼女には恨みとともに彼を慕う思いもあった--
古美門はそれに気づいていたようです。
★結局 黛&羽生の甘ちゃんぶりが見えた回といえそう(笑)
-とはいえ小数しかみてないブログでも、何を言っても許されるわけではない
それは心したいですね。


第3話「整形をめぐる離婚訴訟」  (羽生VS古美門)
顔を偽ってたんだぞ。これ以上ひどい裏切りがあるか!
「砂嵐の後の夜空は奇麗」もう一度本当に大事なものを見詰め直してみてはどうでしょう。
 羽生の説得も虚しく彼は妻と対決--。
 ブ男の彼の夢は美人と結婚すること。彼はそのためだけに
 一流の学校一流の会社に入り努力してきたらしい・・・。
 「彼にとって 整形は立派な詐欺罪なのです----!」
 羽生VS古美門。またしても勝利は古美門(夫:塚地)に~~~。

 しかしラストで古美門は妻につぶやいた--。
 「貴女の人生を捧げるに値する男性は他にもいくらでもいますよ。
 決してこんなのではなく!」
 その後 彼女には素敵な彼が。そして離婚を後悔する夫の姿が。
★ 整形を隠すのはやっぱ詐欺なのか~。う~~ん。
 とはいえ顔だけでなく心も美しかったこの妻に何の不服があったのやら。
 ・・まぁ自業自得。いや彼を煽ったのは古美門。
 悪いのはやっぱ古美門なんじゃ・・(苦笑)

 
4話「近隣訴訟」」(羽生VS古美門)
臨時同士で殺傷事件が発生。しかし刺したなつは正当防衛が認められ
怒り心頭の冬海(猫背椿)しかし一度出た採決を覆すことは難しい
その上裁判官(広末涼子)が古美門を嫌っていて苦しい戦いに==。
古美門が引き受けたのは黛の言うとおり相手が羽生のせい(だろう)(笑)
「彼女は死にかけたんです!生きてるのは奇蹟!
よって慰謝料2000万円と 現住居からの転居を要望いたします!-----」

「サソリは踏まなければ刺さない(被害を受ける側にも原因がある)
そもそもの原因は冬海が裕福な燐家を羨んで起きた事件。転居するのは冬海家に。
途中から黛が弁護人となり
収入が多いなつ家に引っ越しをお願いしたいと要望し泥試合に--。

しかしラストでどんでん返しがおこる。(蘭丸君調査結果♪)
実はこの事件なつこそが冬海を妬んで起こした計画的事件だったのだ
こうしてまたも古美門に負けた羽入---。
壊れた隣人関係は元には戻らない。
せめて気が済むまで暴れさせ白黒をつけてやるのみ--!!


★確かにそうかもね~。しかしその後羽生はなつの為に奔走
離婚訴訟で慰謝料2000万を勝ち取り家も高値買取を実現。
「気が付いたんだよ。 僕の目的は裁判で勝つことじゃない。
 当事者が幸せになることだって・・・」
さすが白王子!
どっちも正しい。いやどっちも間違ってる??
揺れながらも古美門に固執する黛の姿に・・波乱の予感・・?


5話「著作権侵害問題」」(羽生VS古美門)
倒産の危機に直面していた「あじさい文具」は、社員田向(野村将希)の落書から生まれた
「おやじいぬ」の大ヒットにより巨大な会社へと変貌。
しかし会社は彼にその対価を支払わず訴えられることに(蘭丸&古美門がたきつけた:汗)
「会社は家族、そういうくだらない妄言で田向さんは
16年も騙されてきたんだ。 ヘドが出る。
相当の対価 25億円を請求するものです-!」 


対して羽生は、社長は 個人個人が権利を主張し合うのではなく
お互いを思いやり分かち合う社風を大事にしたかったのだと主張。
「田向さん、会社をめちゃくちゃにしてまでして25億 欲しいですか?
 あなたにとってそれは 本当に幸せなことですか?」


その後バトンタッチした黛は--著作権を要求することの正当性を主張。
その勇気は称えられるべき事なのだと。時代は変わる。変わらねば滅びるのだ。と
しかし最後にこう付け加えた
「しかし、この国を発展させ家族を養ってきた全ての会社と働いてきた人々には
 心からありがとうと言いたいです---」

今回も古美門側の勝利。会社は田向に25億円を支払うことに。
もはや会社に未来はない・・しかし肩を落とすみんなの前に現れたのは田向。
社長・もう1度やり直しましょう。資金は私が持っています・・
これが僕の勝ち方だ----.
それは羽生の仕業だったようです。
★彼に訴える気なんてなかった気もした。すべては社長の田向への思いやりが
なさすぎたことが原因だったんだろうな。
誰でもお金は欲しいわけで。彼の主張は当然の権利にも思える。
でもやっぱ会社にはいずらくなるわけで==人の世はかに難しい~。

とはいえ今回も彼を煽った古美門の悪徳っぷりが見え隠れ・・・。
今回も黛にとっては辛い裁判だったといえそうです。
そんな娘を見つめていた黛の父は羽生側につけと進めてました。
でも古美門のところで頑張る!という娘にひとこと・・
「お前はどんな場所でも1輪のエーデルワイスになれ・・・」


6話「重婚・・?」 羽生VS古美門
家事も仕事も完璧な息子の再婚相手が実は3人の男性と事実婚をしている--
母親が嫁を訴えた裁判。
一夫一妻制の日本では重婚は罪。しかし籍を入れてないので違反ではない--?

「石油が出るか出ないかは、掘ってみないと分からない」
幸せだという彼らの心の奥に切り込んでいく羽生。
完璧でも二日しかいない母親で子供は本当に幸せでしょうか?
案の定自分だけを思ってくれている女性がいると知ると男たちは次々と
心かわりし彼女から去り--。遂に羽生の勝利へ====。

しかしやはり甘かった。親権を取りあげなかった事がミスだったらしい。
その後男たちは彼女の元に戻り今まで通り3家族は
仲良く暮らしていくことに。
「養子縁組」ってことで この重婚はOK?正式な家族に!?
へ~~~。ほんと~~!?

この方法を思いつき古美門に命じられる前に手配していた黛。泣いていました。
いつの間にか・・彼のやり方が染み込んでいた・。でもそれはやっぱ・・
自分の本意ではないことだったんでしょう。

そんな彼女を見つめ遂に決断する古美門
「今日で君はクビだ。サナギから出て、外へ飛び出す時だ
君の目指す理想には彼の所の方が近い。 
君には迷惑をかけられっ放しだったが、お陰で退屈せずにすんだ。礼を言うよ
頑張りたまえ。以上だ-*-----」


彼にとってそれは精一杯の優しい言葉---。
黛がどこまで彼の中にある思いが伝わったのかはわかりませんが・・。
今後は「古美門VS黛」の師弟対決が展開しそうで楽しみです。
「勝たなければ意味がない! あらゆる手を使い
 容赦なく相手をたたきのめし、勝つ!それが全てだ!!」
 そんな古美門に黛がどう立ち向かうのか期待したい!!
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T13696] 「リーガルハイ 2」第6話★涙の黛(ガッキー)古美門事務所を去る

「リーガルハイ 2」第6話 新しい愛の形か重婚か!?訴えられた妻は夫が3人 愛子(鈴木保奈美)が3人の男と事実婚状態の「一妻多夫」案件。 養子縁組で今回の案件を片付けようと目論んだ古美門の先回りをして、黛(ガッキー)が養子縁組の段取りをしていました。 そのことを服部(里見浩太朗)さんから知らされた古美門(堺雅人)は、何か思うところがあった様子。 事務所に帰ってきた黛...
*---------------------------------------------------------------

[T13860] garcinia cambogia extract

shaberiba リーガルハイ 2 1話~6話まで簡単感想♪
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2122-4d5aaf1b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |