現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

願えば いつか夢が叶うって ホントなんだなーーー。
bonnbi2.jpg
約束通りコガモの家に ジョリピー夫妻が現れる。
でもやっぱり2人の望みは
「一緒にサッカーができて家を継いでくれる男の子」
そこで ボンビ、男の子に変身---!!
凄い~~。顔も演技もまるで別人だわ==恐ろしい子!!
ジョニピ夫妻も「彼」を気に入った様子だけれど・・・。
お金持ちの彼らの子供になりたいのは双子たちも同じ。
そしてそこにドンキの「闇」も見え隠れする。
その正体とは---?見つめたい!!

★1話~

----------------------------------------------------

男の子に化けたボンビに全く気付かないジョニピ夫妻
「お礼が言いたいんだ。ボンビちゃん呼んでくれる?」
 「彼 もう一回呼んで来てもらってもいいかな?」

慌てて変身を繰り返すボンビ。
 手伝うピア美も大変です(わはは!!!)

「こんなことして 後で悲しくなるだけじゃないかな?
 いつかバレちゃうんだし・・・」

「そんなことボンビだって分かってるよ。
 それでも 一日でも長くジョリピのそばに いたいんだろ。」

しかし、ソレも終わった。
 双子にばらされちゃったのだ----。
 ごめんなさい。ごめんなさい。心でそう叫びながら
 その場を去ったボンビ。

 それを知ったポストは双子をどなりつけボンビを探しに--。
 「ここにいると思った・・」
 「悪いのは ウソをついた私---(略)泣いてもいい・・?」
 「いいよ・・」
 そして二人は叫んだ---。
「ジョリピ~~!!」
 これが最後だと。自分に言い聞かせるように--。

ジョリピはあの時--どこまで理解できたのかは謎だったけど--
きっと彼女の気持ちに気づいてくれたと思う。そう祈る。
 

実は 双子をたきつけたのは・・ドンキだった。
ウソはばれる。みんな傷つくだけ---。
そうつぶやいた彼女に魔王は迫る。
「ウソだ。お前は嘘をついている。
 お前は 自分の周りで 誰かが幸せになるのが嫌なんだ。
 妬ましいんだ。 自分より不幸な子を見て安心したいと思ってるんだ--!
 だが なぜだ!? お前は 川島夫妻にかわいがられてる。
うまく行ってる なのに なぜだ?」

前回ロッカーが妊婦をかばっていたことをしりながら
言わなかったことを不審に思っていた魔王。
それは ワザとか?あえて言わなかったのか?

叶曰く 親に愛されなかった子供の中には
自分が大切な存在だと思いにくくなってしまうことがあるという
(自尊感情の欠落---?)

確かに彼女は「どうすれば好かれるのか・嫌われないのか」
と恐れていた。でも今度のこの行動がそれに当てはまるのか・・
私にはまだ理解できていない。
里親の優しい言葉を聞いて涙した彼女に闇なんてみえなかったし。
自分にもわからない思い--が蠢いているってことなんだろうか・・。

「違う。私… ウソなんて ついてない---!」

魔王に詰め寄られ 階段下へ落ちた彼女が
その足で 向かったのは、なんと
 魔王を今も憎み続けている奥さんのところ---。
彼女のこの行動に一体どんな意味があるというのか--
見届けたいと思う。

しっかし・・・自分を救い子供を殺した--
何度聞いても理不尽な理由~~~って思うけど。
彼女もやっぱ病んでってことなんだろうな~。
いや~~。傍にいる人も・・キッツイね~(涙)


一方・・ふととしたことから 新しい担任となった朝倉先生が
愛娘を事故で失ったことを知るポストとピア美。
彼の奥さんもまた--そのショックから立ち直れずにいることも---。
ポストを「愛(娘)」と呼び微笑む彼女・。それを見つめるしかない先生--。

安達 祐美ちゃん・さすがの演技だったな~~。泣けたわ。
吉沢悠君も子役上がりだよね。
現在の天才子役である彼女たちにとって---
その存在はいかばかりだったか・・。ふと現実に戻っちゃった・・・(笑)

「帰ったの愛?」
「ただいま」
ポストは彼女の娘になるつもりなのかな・・?
いやそれってどうなの~~??でも・・そういう幸せもありなのか
今後もこの「天才子役たちに」注目したい!!
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T13800] 明日、ママがいない #07

『私のママでいい?』
*---------------------------------------------------------------

[T13802] 明日、ママがいない 第7話 感想

第7話 あらすじ 新旧子役対決!?(笑) 新キャラ、担任の先生の妻役に安達由美さんが! 家なきこ懐かしいですなあ(しみじみ 子供を失ってしまってから病気になってしまって ...
*---------------------------------------------------------------

[T13803] 闇の子(鈴木梨央)光の子(芦田愛菜)バンビとボンビは大違い(渡邉このみ)今、あの子に会いに行きます(安達祐実)

一重人格の人から見れば二重人格者は精神的に不安定に見えるかもしれない。 しかし、のっぺらとして、平淡で、裏表がないなんてなんだか薄っぺらいだけのような気もする。 切れ長だったりするとこわいしな。 誰がまぶたの話をしている。 心の闇などというものは誰もが有している。 忘れ去られた記憶、封じ込めた感情、
*---------------------------------------------------------------

[T13804] 「明日、ママがいない」ママがいない里子の現実7ドンキの異変は愛情を知らず育った心の闇・・・辛い現実を受け入れる事は誰もが容易じゃない事だ

「明日、ママがいない」第7話はポストのクラスに代理の教師が赴任してきて、その教師の家の手伝いに行く事になったポストはそこで病気療養している奥さんと対面するも、その奥さ ...
*---------------------------------------------------------------

[T13805] 【 明日、ママがいない 】第7話 感想

わざと、じゃない。あえて、だ。 その違いが分かるか? 「自尊感情」が欠落している…。 親に愛されなかった子供の中には自分が大切な存在だと思いにくくなってしまうことも。 シーソーだ。 他人を悪く思わせ自己の評価を上げようとする。 実際、そこまで落ちてしまうのは本人だということに気付いていない。 世の中にはそんな腐った大人が溢れてる。 明日、ママがいない ...
*---------------------------------------------------------------

[T13806] 明日、ママがいない (第7話・2/26) 感想

日本テレビ『明日、ママがいない』(公式) 第7話『私のママでいい?』の感想。 ポスト(芦田愛菜)たちのクラスに新しい担任・朝倉がやって来た。そんな中、ボンビ(渡邉このみ)が憧れる‘ジョリピ’こと東條(城田優)と妻が「コガモの家」に。男の子との養子縁組を望む東條に対し、ボンビは思わぬ行動に出る。一方、佐々木(三上博史)は、ドンキ(鈴木梨央)の心の状態が健全でないと気付く。朝...
*---------------------------------------------------------------

[T13807] 明日、ママがいない 第7話

「私のママでいい?」 内容 ポスト(芦田愛菜)のクラスに、朝倉(吉沢亮)という新しい担任がやって来た。 そんなある日、ロッカー(三浦翔平)と買い物に出かけたポスト。 そこで、買い物をする朝倉と出会う。 病気の妻・瞳(安達祐実)に代わり、家事をしているとい...
*---------------------------------------------------------------

[T13808] 《明日、ママがいない》#07

ポストがニッパチの登園に手こずり、遅刻した日、担任の森先生が産休に入った。代わりが朝倉先生。その場で、ポストに自己紹介を言われ照れるポスト。優しさに少し気になるポスト。帰宅するとコガモの家に外車が止まっていた。それを見たボンビが、ジョリピが来たと言った。 他の者たちもそわそわと落ち着きがなかった。沈んでいるのはボンビだけ。ポストがそんなボンビから、ジョリピは男の子が欲しくて、一緒にサッカーが...
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2175-41605051
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |