現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

さぁ! 教師よ 勉強をはじめよう・・。
matayomebaii.jpg
学校に転校生として現れたアスカ(姫)
やっぱ学校=青春って感じでテンション上がる~~!!
学校や授業に興味深々の彼女ですがクラスの皆は彼女の
姫様態度にドン引き---!!遂には「しかと」されることに。
「あんな子がいたら皆奴隷みたいにされるんじゃないの?
 山沢が既に 奴隷扱いだよ---。」
その予感はアタリなのか? それとも---??
★1話~~~

----------------------------------------------------

学校の授業を見つめ----
説明されないとわからないのか?本に書いてあるのに?
源氏物語の一説を学ぶことに意味が有るのか?
まずは自分で読むことだろう?
なにやら 姫様は こちらの授業にはいたくご不満の様。

お弁当を食べている彼らを豚のようだといい
ここはまるで家畜小屋のようだ。息苦しい--!
そんなアスカに典夫はつぶやく

「でも、よいところもあるのでしょう。
  わかりませんが みな楽しそうです。」

ソレを聞いて アスカは うつむく
「負け犬の遠吠えだな。我らの世界は 滅んだのだ
 我らが愚かだったゆえに・・・・。
 なんとかうまくやっているこの世界の者たちを
 我らが批判する事自体 愚の骨頂だ----。」

教室に戻ると--2人はみんなにシカトされ孤立状態に。
人間はそもそも孤立した存在だから平気だ--というアスカに
「学校は 友達を作るところだよ・・・」と教えるみどりですが・・

「なら何故こんなことをする?
 そなたたちは---矛盾している!!」

アスカの反論に---応えるものはいなかった・・。
しかし その後 祖母が危篤だと教室を出て行った2人をみつめ--
皆の苛立ちは MAXに----。
 大丈夫なんでしょうか・・・。いや。みんなの方がですけど。。。

教室を出た典夫は 屋上へ----。
すると 時空が開き 男が現れました。 
 彼から「DRSのプログラムデータ」を手にした典夫は
 急ぎ王妃のもとへ--。
 
彼はD8世界の特殊組織(遺伝子操作で生まれた天才)の1人らしい。
実は追手におわれ瀕死状態だったようです。
無事役目を果たした彼は 仰向けに倒れ・・・
頭上に広がる空を見つめてつぶやいていました。
--これがD12世界か、きれいだ----

「王妃(りりィ)」の周りには数十個のモノリスが起動----。
 典夫を通して DNA修復の手術が開始されました!!

しかし---
思った以上に重傷な王妃をみつめ典夫は問う
アゼガミ達は?姫は その時どこにいたのかと--。
そして 2人もそして姫も被ばくしていた事が判明!!

いたはずだ。モノリスは不足していると---。
この手術が本当に必要なのは姫だったのではないのか・!

手術の中止を決断する3人ですがもはや遅かった。
これを止めるIDをもつ男は――
 あの屋上で 息絶えていたのです・・・。

そのころアスカは広一の家に----。
1人でいるのがつらかったからのようです。

彼らは宇宙人なのではないか・・と疑っていた広一ですが
彼女を前にして 素直な疑問をぶつけます。
そして彼女も真実を?語り始める--

広一そっくりなナギサ(広一のアイデンティカ)という許嫁がいた事。
彼は戦争で死んだこと。D-8世界とは旧日本だということ・・
 「冗談よ。あなたの好きなSF風に話しただけ・・」

 広一の部屋で横になった彼女は 広一の手を握り眠りについた
 ナギサ・・・とつぶやきながら・・・。

 彼女の秘めっぷりも典夫のヒューマノイドっぷりもいい感じ。
 2人に戸惑う生徒達も。あの坊主の子、いる~~って感じ。
 今後も---応援したい(笑)
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T13809] なぞの転校生 (第8話・2/28) 感想

テレビ東京ドラマ24『なぞの転校生』(公式) 第8話『もうひとりの転校生~眉村卓の傑作SFを岩井俊二がドラマ化』の感想。 なお、眉村卓氏の原作小説は40年近く前に既読。また、NHK『少年ドラマシリーズ』版(1975年放送)も鑑賞済み。 広一(中村蒼)のクラスに典夫(本郷奏多)のいとこ・アスカ(杉咲花)が転校生としてやって来る。女王のような振る舞いのアスカに反発するクラス...
*---------------------------------------------------------------

[T13813] 【 なぞの転校生 】第8話 感想

友達を作る場所か。 それは面白い。 ならば、なぜそなたたちは私を無視したりして冷遇するのだ。 私はそなたらと友達になる必要はないが、そなたらの言っていることは 矛盾だらけで意味不明だ。 なぞの転校生 第8話    D12世界の紫外線はD8世界よりも遥かに強い。 面倒だな。 と言いながら、典夫に日焼け止めを塗らせる姫。 はい。こ...
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2176-add04bb5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |