現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

「来るな~~!来るな~~!」 
なんじゃそりゃ・・へっぽこにも程が有る~~わははは!!!!
sddefault.jpg
ノックはとれない。キャッチボールはできない
守らせれば自分の所に打球が飛んで来てほしくない--?
 「来い!」って気持ちで守りなさいよ---!
誰もがそう言いたいところだけど---田茂は違った。
--来てほしくなければそれでいい。心の底から叫べばいい。
「来い!」も「来るな!」も等しく強い気持ちには違いない---。
ホントか~~?(笑)でもそう叫ぶ彼らの顔は真剣そのもので--
勝負をしてる男の顔に見えたよ。うん!いや~~面白いな~
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ★1話~ ----------------------------------------------------

どうして捕らない?ナンで俺が疲れんだ!
誰か1人ぐらい監督が可哀想だとかそう思う奴はいないのか--?


ぶははは!!!先生もへん!!
でもそんな彼らの目標は「甲子園出場---!」
やっぱ目標は大切ってことのよう。まぁ・・そうだね(苦笑)

まずは ポジション決め。試験開始!!
「センター試験のつもりで死ぬ気でやれ!」
「はい!!」ホント素直だよね~~(笑)

試験結果は--下記3つに分けられそれそれに名前が記されてた。

「投げ方が安定している」:ピッチャー
「そこそこ安定している」:内野
「それ以外」      :外野


そのざっくりした発表に不満な生徒達にむかって
後は 立候補で---―と先生。
しかし生徒たちはいう---。
「なりたいポジションがあったとしても
 そこが自分に向いているのかわかりません--。
(いつも通り 野球をよく知る)白尾君に決めてもらった方が・・」

その答えに先生がっくし-----。

誰でもいい「俺が―――」ってやつはいないのか?
俺は「・・は」じゃなくて「・・が」が聞きたいんだよ!

「・・が」には強い意思が有る。。という先生の熱い熱弁に
心揺らされた彼ら。するとあら不思議。。。
「俺が----やります!」「俺が・・」っと
ポジションが次々と決まりだし始めましたよ・・・(笑)

しかしここでまたも問題が----
キャプテン江波戸が苛められてることが分かったのだ。

しかしよく聞いてみると以前子分のような立場だったのだという。
悪いのは相手なのに自分が悪いと反省してる彼を不思議がる先生に
「すみません。これまで何をするにも
 まず反省から入っていたもので-----」苦笑

そんな彼に先生は言う---

「お前は これからいっさい反省をするな--!
のびのびしてろ---!!
お前がキャッチャーを選んだのは正解だったんだよ。
次から次へ玉がくるから考えてる暇がない・・」

「なるほど----。」
わははっは!!!ほんとか~~(爆)

しかし--そんなセンセのやり方について行けない白尾君は
監督を辞めることをかけて勝負することに。
3球で1点を取れば白尾君の勝ち--。

実は彼は 樽見ちゃんを甲子園に連れて行く為に---
あの『堂学』のスカウトを断ってまで---
この『城徳』に来た・・らしいのだ・・・
(意外なとこから恋バナキた===♡)

お前の気持ちはちょっとよく分からんけども・
俺が「弱くても勝てる」って信じてんのは、ホントだぞ--。

ソレを証明する為の勝負----?開始---!
しかし先生をやめさせたくない彼らはもはや弱腰で---
「監督!----僕の所に飛んで来ても捕れません!」
「僕も捕れません---!」

そんな彼らに じゃあ 心の底から思いっきり叫べ――と先生。
「来い」も「来るな」も
 等しく強い気持ちには違いない--!

すると・・・
『来るな~~!』『来るな~~!』の大合唱==!!
さすがにコレには白尾君も 困惑-----。
しかし--本気で打ち返す彼に---やっぱ大動揺のみんな・・・。

ダメです僕は取れません~。
『又僕は――といったな! 俺がだ!俺が 取る!」だ----。
「俺が俺が」でいいんだ。野球は。 常に自分を主役と思え。
 そんなの今しか言えないぞ。これは大人になったら嫌われるからな。
「俺が 俺が」は今だけなんだよ---。』


するとまたしても・・・
「俺が捕る!」 の大合唱が。
そして「ドンマイ~~」の声も----。

なんか野球部らしくなった彼ら---(わははは!!)

結局 ホームランを打たれ先生の負け---
でもみんなの意見は一致。辞めないでください。監督。
ソレを見つめ 自分が辞める・・といいだす白尾君ですが・・。
ソレを止めたのはキャプテン・・江波戸くん。
「白尾!辞めるな!
 キャプテンの俺が辞めるなって言ってんだ!」
 その言葉に、皆の 笑顔がこぼれた。白尾君からも・・・。

 確かに「・・が」には強い意志を感じるよね。
 なんだかみんなが--成長したように感じました和(笑)
 いや~~。面白かったな~~!!

  わたしも姑と話す時 気をつけてるよ~~。
 「それでいいです」じゃなくて「ソレがいいです-」って。
  ソレって案外気持ちがいい言葉だよね。
  確かに嫌われないよう・・注意も必要だけどね(笑)
 
 
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T13891] 【 弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~ 】 第2話 感想

そうやってまたお前達は「僕はライトです」とか「俺はレフトです」とか名乗るのか? 何かさぁ、お前達と話をしてると「僕は」とか「俺は」ばっかりで誰一人 「俺が」と言い出さない! 俺はさ、お前達から「は」じゃなくて「が」が聞きたいんだよ。 弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~ 第2話       朝早く起きて、学校まで歩く田茂青志先...
*---------------------------------------------------------------

[T13892] 弱くても勝てます〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜 第2話:

実話原作ドラマ化!先生走る!秀才へっぽこ野球部にイジメと切ない初恋 ドンマイ!(o^ω^)oニコッ これで少し甲子園に近付いた・・・らしい 白尾くん、中学で堂学からスカウトされてたのに、柚子と同じ高校に行きたいが為に 進学校ではあるけど、野球に関しては弱小の城徳...
*---------------------------------------------------------------

[T13893] 弱くても勝てます〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜 第2話

「実話原作ドラマ化!先生走る!秀才へっぽこ野球部にイジメと切ない初恋」 内容 「弱くても勝てるってコトを証明しよう!」 青志(二宮和也)は、野球部員たちを叱咤し、監督として練習を指導する。 が。。。野球部とは名ばかりで、何も出来ない部員たちに呆れるばかり...
*---------------------------------------------------------------

[T13894] 弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜 第2話

#02「実話原作ドラマ化!先生走る!秀才へっぽこ野球部にイジメと切ない初恋」2014.4.19 城徳高校野球部の監督を務めることになった青志(二宮和也)。 いったいどうしたら勝てるのか?青志なりの仮説をたて実践しようとする。 しかし、そんな青志に反発する城徳高校唯一…
*---------------------------------------------------------------

[T13895] 「弱くても勝てます」弱いなりの戦い方2監督はまず選手達ができる事から指導しましょう!青志監督は選手たちにメンタルの重要性を説いてみせた

「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第2話は城徳高校野球部の監督になった青志はまず選手たちのポジションを決めようとする。城徳高校野球部ではこれまで ...
*---------------------------------------------------------------

[T13897] 弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~ 第2話

青志(二宮和也)は、城徳高校野球部の監督を務めることになります。 今まで監督だった増本(荒川良々)は、部長と言うことで誤魔化されていますw 弱くても勝てる方法を青志なりに仮説を立てて実践しようとします。 今まで部員たちのポジションは、唯一野球が上手い白尾(中島裕翔)が決めていたようで、青志がみんなのポジションを聞いた時に、みんな色んなポジションを言うのでした。 そして...
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2200-975f8631
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |