現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

不思議な形で繋がっていく物語に魅せられて3巻を読破==。
う~~ん!久々に 読み応え有ったな~~!!
光媒の花 2 (愛蔵版コミックス)光媒の花 2 (愛蔵版コミックス)
(2012/11/22)
斉藤 倫

商品詳細を見る

第3章 冬の蝶
世界のすべてを 紙袋に閉じ込めていたサチ---。
その袋を 破いたのは僕-----。

2章でホームレスを殺した檜山の物語。
彼はなぜ 殺したのか---?
 ソレは--- あの時 彼女の為に何もできなかった、
救えなかった事への 贖罪だったのかもしれない。
殺人を実行してしまう人---というのは、 彼のように
燃え上がった殺意を1度は胸に封じ込めたものの、
そのことをずっと後悔してきた人・・・・なのかもしれない。 
なんてふと思った。 
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ

----------------------------------------------------

第4章 春の蝶
あの子は私だ 音を聞かず 哀しい現実を遠ざけていた
世界を無理矢理 閉じた 昔の私-

「サチ」のその後の物語-----。
袋が破れて、彼女は罪と引き換えに 自由という 羽を得たようだ・・・。ソレはきっと彼がくれたもの。
彼女の罪は--バカな母親が背負うべきなのだ。
自分と同じ世界を閉ざした少女とソレを見守る優しい祖父との出会いで再び動き出した彼女の時間---。
きっともう大丈夫・・・。なんだかそう思えてうれしかった。

3巻 第5章 風媒花
風が花粉を運ぶので虫を引き付ける為の美しい花や香りも持たない花。姉のようだと彼は思った。
病に倒れた姉の心配ごとは弟が母を嫌って口を利かない事--。
父の死後 涙も見せず笑っている母を いつの間にか憎いと思ってしまった。でも本当は気づいてた。やり場のない悲しみを母にぶつけてきたことを。母が無理に笑っていたこと、自分や姉の為に頑張っていたことを--。
ある日笑う母の写真に涙のような跡をみつけて--彼はようやく母のもとへ。実はソレは姉の策略だったのだけれど・・
風媒花--っその花の強さと優しさに包まれてようやく大人になれた弟君にほっこり。 ようやく明るい話にほっこり(笑)

6章 遠い光
先生 景色が光るのってみたことある?
あたしね見えた。 先生が話しかけてくれた時
猫を一緒に探してる時--光って・・。どんどん光ってくる気がして--


今までの人たちが・・不思議な縁で繋がって再登場--。
1章の親子は今も仲良く暮らし、あの子供たちは元気で瞳を輝かせてた。
檜山は2人に真実を語ったのだろう。そして自首したようだ・・。
サチがあの日 彼に渡した「蝶」は今 その2人の手の中に--。
その蝶が サチ と檜山を世会わせる--そんな奇跡もあるのかも。


---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2224-b84f078b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |