現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

「私は雨を告げに来ているだけよ。
人が雨を降らせたりできると思う?・そんな事ができたら・
それはもう人ではないわ・・・・・」
eb0d10fe-s.jpg
彼女のいるところに 雨は降る・・・
だから彼女はギンコと同じ ひとっ所にいることが出来ない。
いったいなぜこんなことに---? わからぬままに旅にでたテル。
本当は 帰りたい---本当は戻りたいと願いながら・・・

----------------------------------------------------

日照が続いた村に 雨が降り 村中が喜んだ。
しかしその雨はやむことなく降り続け 村は壊滅---。
彼女は 大切な人々を失った。

しかし その瞳から涙が出ることはなく---。
移り住んだ村にも 雨が降り続いて-----

その時 彼女は 気づいたのだ。
 あの雨を降らせたのは 自分だと----。

彼女はそんな 自分を ずっと  嘆いて生きていたようだ

しかしギンコと出会い
全ては「アメフラシ(蟲)のせいだと知ることに。
ソレが彼女の体内の水分を奪い、上空へ昇って 雨を集めていたというのだ

「早くそいつを引き離してよ。もう・・・こんなのはたくさんよ!」
けれども ナガレモノと呼ばれるこの蟲の対処法は無く---
ただ 寿命が尽きるのを待つのみだという。

ギンコの言葉に肩を落としたテルですが
直ぐ雨が降る---いつものようにそうつげた村に
何故か 雨が 降らず、村は 危機的状況に---。
干ばつは また彼女から大切な人を奪おうとしていた・・・。

その時・・ようやく 彼女は 気づいたようだ。
長雨は 食物を人を腐らせる。でも 日照り続きの地では一変
 恵みの雨となる---。
 そう、自分が 多くの人々を 救ってきたことに----。

やがて、雨は降りだして。彼女は又1つの村を救ったのでした

降るのが遅かったのは蟲の力が弱まったから---
あの時 降り続いた雨も 不運な偶然が重なっただけ---
あんたは アメフラシとうまくやってきた。
悪いことばかりではなかったはずだ---。

その言葉を胸に彼女は 又旅へ---。
ギンコの言葉は彼女の心を救い希望を与えた。
その旅はきっと今までとは違うものになるのだろう。


「テルー!ありがとうな一っ!又来てくれよな~~!」
手を振る若者に笑うテル---♡
  
「いつか雨が止んで   本当の涙が出たら  
  土の上に根を下ろそう。
     それまでは、雨を伴に雲のように流れてゆこう---」


一緒にいることはできない・・・悲しいだけだった彼の存在も--
今は希望にかわったようですね♪
  切なくも優しい---素敵なお話にほっこり・♡ 
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2231-bc418a2f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |