現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

死んだ実森一家をみつめつぶやく 游子
cap030.jpg
凄く安らかな顔してる。
生きてる時は泣いてばかりだったのに
来世では幸せになれるといいですね。
きっと これでよかったんだと思います。


再生の見込みのない家族を見つけ家族を狩っているーーー。
馬見原が言うとおりそれは 過剰な正義感。
いや歪んだ愛情---なのか?犯人は やはり・・・游子なのか?
↓に続きます。☆1話~0000063377.jpg



----------------------------------------------------

マスコミの風評被害から学校を生徒を守る為だとし学校は
生徒や先生に実森家の葬式に行くことを禁じた。

花を手向けに行ったのは巣藤----。そして亜衣。
しかし 死んだ彼に怒りを露わに花束を投げ付けた彼女は
たちまちマスコミに取り囲まれて・・・
「おまえら、いつか皆殺しにしてやるからな!」 
そう叫んだ彼女をますます面白がるマスコミたち・・・・。

必死にやめるよう叫ぶ巣藤の声も 空を舞うだけ・・・。
 日本は確かに幸せだけれども 
 おかしなこともいっぱいだよね。

一方――母のガン。父の痴呆・家は白アリにむしばまれ・・・
巣藤からも着信拒否をされ心の平静を失っていく游子

しかし・・・・。
この家は生きたがっている。見殺しにはできない--。
私はあきらめない。あんたもあきらめなさんな・・・。
白アリ業者の,そして母の言葉に 前を向くことに

そんな游子に巣藤は 勇気を振り絞って問う。
「あなたが殺したんですか------?」

「私が殺した。
   ・・私が殺したようなものだ・・・・・・」と答える游子-------。

やっぱり彼女ではない。巣藤は確信したようだ。
私もそう思えた・・・。
となるとやはり馬見原か・・・・?いや「あの人か----!?」

まぁ それはさておき・・・・
実森一家の悲劇はよそごとじゃない分せつなかったな~~。
死にゆく母をみつめ思わず「お疲れ様。がんばったね。」ってつぶやいたわ。
死を選ぶことはひとつの救いなのかもしれない・・・
尊厳ある命の終わらせ方なのかもしれないって・・・・
私も 思ってしまいましたわ。辛すぎる。

「それでも 生きてなきゃだめだ
苦しくても みじめでも 絶対 死んじゃだめだ----
世界には もっともっとおいしいものがある
生きてたら 生きてて良かったって思えることが きっとある」

「そうだよね
  今を生きてるってことがすべてだよね」

2人の言葉に涙でした。


---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2269-2fe0147a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |