現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

大きな力を持っているせいで、
取り返しのつかないものの重みがどんどんわからなくなってしまう。
それに気づくのは 支えきれなくなってから・・・。
小生は何度同じ忠告を君たちにしているんだろうねぇ・・・・」

saisyukaikuro.jpg
「シネマティックレコード」が語るジョーカー達の短い人生に涙。
悪魔に加担した彼らの結末が死しかない・・というなら---
悪魔の手を借り 彼らを 攫われた子供たちを灰にした
シエルもまた同罪---。
シエルはそれをもちろん承知の上なんだろう---
苦しみ足掻く人間たちをみつめ楽しい--とつぶやくセバス。でも-
そうは見えなかったな・・(涙)
これぞ黒執事――と思わせるグロくもせつない物語終結。
やっぱしびれました~
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ----------------------------------------------------

燃えあがるケルヴィンの屋敷から現れたシエル&セバスから
ジョーカーの、仲間の、死を知らされ、怒り狂うドール---。
そんな彼女を---シエルはまたもセバスに命じ 殺したようだ・・

大勢の魂の回収に追われる死神たち--。彼らの行動は
コレを予知してのことだったのですね。

彼らのシネマティックレコードはジョーカー達の壮絶な過去と--
「ワークハウス」での幸せな時を映し出していた・・・(涙)
IMG_1625.jpg
しかし----彼らが悪魔に魂を売ってまでも守りたかったその楽園は
実は とっくの昔に廃墟になっていたのだ。
それを見つめ狂ったように笑うシエル------。

「何もなかったんだ!あいつらの守るべきものなんて。
とっくに存在していなかった!そんな事も知らないで、あんなに必死になって。
死んでいった----!


何かがいびつなせいで捨てられ、肩を寄せ合い壮絶な人生を生き、
自分たちの様な子供たちの為にあのワークハウスを守ろうとしていた彼らを--。
騙し 踏みつけた---悪魔より 悪魔な人間たち-----。

「いや僕も同じだ。これが人間だ!
人間なんだよ、セバスチャン!!」


シエルの絶望にも似た叫びを静かうけとめるセバスチャン。

しかし・・そんな彼らを殺したのは シエルなのだ。
そしてさらわれた あの罪なき子供たちも-----。

「死んだ方がマシだと・・?傲慢ですね」
「傲慢でない人間などいるのか?」
「今迄あったことはありませんが・・・・・」

この罪は いつかシエルの心を蝕むーーー。
セバスの表情にはその危惧がみえたようなきがしました。
それでも生きることに足掻く人間たちを 面白いと笑うセバス---。
彼が望む極上の魂とは一体何なのか---。
実はセバスもまだ・・よくわかっていないのかも・・ね~。

空で再会し笑い合うジョーカーたち…せつなIすぎ!!
でも見ごたえ・・ありましたわ~~!!!
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2289-6d5cd270
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |