現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

ここはどこなの?誰もいない。
いつまでも夕暮れのまま
寂しい 寂しい 怖い 
きっとあの影のせいだ
あの影が私の影を踏んだから----
mikage.jpg
幸せそうな老夫婦。でもソコにはとんでもない過去が--。
今回もゾクっとするお話でした。
おじぃさんはどうなったんですかねぇ。
でもきっとこの結末を喜んでいることでしょう・・・(涙)
----------------------------------------------------

その昔----突然少女アカネが消えた-----
その後まるで入れ替わったように 別の少女が現れた。
それがこの老夫婦の妻ミカゲ--------。

いつか思い出す日が来て 帰りたいといいだすかもしれない・・
そう不安がるお爺さんにギンコはいう。

それは夕暮れ時にのみ現れる 「大禍時」のしわざかもしれない・・と。
それにのまれると人は本体を失い影だけとなり---
其の影を 踏んだり踏まれたりすると入れ替わりが起きるのだという・・・。

ソレを聞き・・・ミカゲは思い出したようだ。
アカネの影を踏んだ--あの時を。

あたしあかねちゃんを身代わりにした
私と入れ替わればいいと思って影を踏んだ
そしてあの子の全部を 盗んだの---


涙するミカゲをみつめ お爺さんはつぶやく
「あやまらないでくれ・・・。私も幸せだったよずっと ずうっと
おまえのおかげでのう-----」

今二人ができることは アカネもまた誰かの影をふみ
どこかで幸せに暮らしていてくれたら・・・そう願うこと。

その後 ミカゲは静かに幸せな一生を終えた。
しかし---1人残されたお爺さんの前にアカネの「影」が---。

そう やさしい彼女は、影を踏むことができず----
今だ影のままだったのだ(涙)


「すまん 私はお前の影を踏んだ子と夫婦となった
あの子を恨んでるか?ならお願いだ 私の影を踏んでくれ!
アカネ----戻ってきてくれ!」

逃げ出した其の影をお爺ぃさんは追いかけその影を踏んだ---。
するとその後、アカネが現れたのだ・・。
なんと消えたあの時の、少女のままの姿で・・。

ミカゲが奪い手に入れたその人生ほどの幸せが
果たして彼女を待っているのか・・はわからない。
でも・・きっと 幸せになってほしい・・。
本当にそう祈りたい気持ちでした。

思えばミカゲも被害者だったんですよねぇ・・。
夕暮れ時の「大禍時」には気をつけたいものですね。




---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2306-96601195
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |