現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

ゆうた あんた今どこにいる?
川かしら 海かしら 雨かしら
ああ そうだね あんたはどこにでもいるんだものね。 
dokonidemoiaru.jpg
雨蠱(うこ)という蟲に寄生された悲しき親子の物語。

----------------------------------------------------

泳ぎが達者で体が異常に冷たい---
ギンコの予測通り少年は雨蠱(うこ)に寄生されていた。


それは 雨に紛れ川へ流れ込み 群れて
青い巨大魚のような姿で川を下り海へ出て子をなす。
そしてまた水蒸気に紛れ、雨となり山河に降りそそぐ-----

まれに溺れた人に寄生するが・・
本来はサンショウウオなどに寄生し数年たつと同化して
水に消えてしまうのだという。

ギンコの薬のお陰で、友人もでき
 普通・・になってきた我が子に喜ぶ母親ですが
 薬は現状維持のみ。蟲が抜けることはないというギンコ。

そんな我が子を抱きしめる母親の姿が切ない・・・

「谷の水、どこからくる?」
『空の雲から降ってくるのよ』
「じゃあ、空の雲は?」
『海から生まれるのよ』
「海?」
『この川の行き着くところよ。たくさん水のあるところ』
「海も川も雨も雲も全部 一緒なの?」
『そうよ 形は違ってもみんな同じなの』

母の言葉に瞳を輝かせる少年。
しかし 大雨と洪水に見舞われた日---
彼は自分の運命を知っているかのようにつぶやく

「もう…行かなきゃ」
危機を察し現れたギンコはそんな彼を止めることに成功しますが・・
彼は母親の胸の中で静かに 消えて行ったのでした。

川で溺れたのは実は母親----。
その事故で彼女は夫を失っていたのだ。
雨蟲はその時胎児だった彼に寄生し
もう分離できない程 深く深く一体化してしまった---
しかし寄生されたからこそ今の2人の命がある・・とギンコは言う。


dokoniiru題
「あいつは生きた。確かにここに、生きていた・・・・」

確かに雨蟲は
 2人に幸せな日々をくれた・・ともいえるのかもしれない。
 しかし・・残された母親が やっぱせつなかった~~。



 
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T14030] 蟲師 続章 第17話 『水碧む(みずあおむ)』 タキに救いは無いんだろうか。

姉ちゃんかと思ったら母ちゃんだった。ギンコめちゃくちゃ怪しまれている。子供にからむおっさん見たら普通警戒するよね。今までの村人がフレンドリー過ぎたんだ。…と思ったらどうもこの母「変わった」息子を持つが故に避けられている様で。それで警戒心が特別高かったみたいですね。  ギンコが例によって虫の仕業と薬を渡す。これによって息子はどんどん普通の人間に近づいていく。友達も出来て...
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2318-4ef3c727
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |