現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

腐った学園を「コトバ」で変える---!
これは 世界で一番弱虫の 反逆者のお話

B6-9-j8CEAE53bl.jpg
特別採用枠にて 「明蘭高校」に通うことになったツバメは
「プラチナ8」なるセレブ集団に生徒会会長を押し付けられる。
実は この学校にはスクールカーストなるものが存在し
そのトップに居るのが「プラチナ8」最下層にいるのは--
どうやらツバメたち特別採用枠入学者たちと生徒会のようだ。
神木クンの「スピーチ」に期待! 須賀君や
『主に泣いています』のこももちゃん(加藤諒)にも期待♡
彼らの反逆(革命)を見守ることにします!! 
★1.2話  ★3話 ★4~7話 ★8・9話★最終回
----------------------------------------------------


この学園トップに君臨する「プラチナ8」は
生徒会を裏で牛耳りやりたい放題。
1話では 奉仕活動での問題を生徒会副会長油森(須賀くん)になすりつけ
彼を退学へ追い込見ほくそ笑んでた・・・。

カッコイーとか頭がいいとか---。そういう情報は今だないし。
人気者とか憧れの存在・・ってわけでもないようだし
 どうやら親が大金持ちで学校に多額の寄付をしているってだけのことで
 トップに君臨し人を見下している・・大バカ集団のようだ。

 しかし---彼らに逆らうものなんていない。
 どうやら 先生たちも---その悪行に気づきながらも
 見ぬふり状態のようだ。

「変だよ みんな変だ!!」
そうつぶやく----ツバメの前に現れた
天才スピーチライター雫井彗(神木くん)は言う。

「何で怒らない? 何で叫ばない?何で戦おうとしない?  
 風向きを変えたいなら戦うしかない 戦って全部 ぶち壊せ!」  
「お前が てっぺんを取って  学校を支配するんだ---!」

B5dZ24hCMAEeyEo.jpg
生徒会こそが生徒のてっぺん。プラチナ8なんかぶっ潰せ!
ってことのようですが・・そんなことはできるはずもない。
だって・・・・・。

すると彼はいう。

お前には欠けているものがある。
それは覚悟だ---!!っと。

「 さぁ! 救うのか 諦めるのかどっちだ?
 今 講堂にいる600人は全部 敵だ。
 でも 覚悟を持ったお前の姿は今までより何倍も大きく見えるはずだ!
 一歩だ。  一歩を踏み出せ。  それだけで 世界は一変する。
 上がれない階段はない---」(注;略あり)

う~~ん。でも怖いよね~~。やっぱファンタジ~~っだよね~(泣く)
しかし--彼に促され壇上にあがったツバメは
震える声で叫んだ・・・

「我慢して---間違ってることも間違ってるって言えなくて、
見ないふりして---(略) 私はもう…そんなの嫌だ。
私は変えたい。この学校を 変えたい。
このヘンテコな世界を変えたい--!」

彼女は確かに階段をを上ったのかもしれない。
でも その先で彼女を待っていたものは罵声とバッシング---。
そして 「プラチナ8」を敵に回した--という現実。  

そんな彼女の次なる階段は
「お前の村をつくれ---。(生徒会を味方につけること)」

どうすれば そん阿ことができるのか・・・?
考える彼女がしたことは まず 皆を知る事から----。

そのかいあって 少しながら 友情の花が開き始めた生徒会でしたが
皆の裏切りにあって--撃沈。
でもそれはプラチナ8の策略でしかたがないことだった--としったツバメは
全てを許し受入れ前を向く---

しかし その姿は---
  彼らの心に 新たな光を灯したようだ。

その光こそが----村ををつくる--。
味方となる仲間を作る・・要因だったよう。
全ては 彗の思惑通り・・・みたいです!
 
「もともと地上に道なんかないんだよ。
 歩く人間が多くなればそれが道になるんだ。  
  1人で見る夢は ただの夢だ。
 でも みんなで見る夢は現実になる。
 さぁ お前が掲げた反旗をお前の仲間達につかませろ。
 そして 7人の反撃の のろしを上げるんだ!」


 ツバメが2段目の階段でみつけたもの。それは
 信頼と友だち(仲間)---みたい。
 今後の彼らを見つめたい
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2342-79b47d85
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |