現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

全ては新曾国王となる為の策略----。
女王の花 11 (フラワーコミックス)女王の花 11 (フラワーコミックス)
(2015/02/26)
和泉 かねよし

商品詳細を見る

跡取りがなんでクーデター?と思っとりましたが
この曾王、王座死守の為に 自分の息子たちを争わせて
潰しあいをさせてきた・・とんでもない王だったのです!
旦の願いは そんな父を倒しこの国を建て直すこと!
そして光(兄)の願いとは・・・。
涙なしでは読めない!! 曾国編終結-----です。
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ ----------------------------------------------------

旦の狙いは 父(曾王)と亜姫の婚儀を利用し謀反を起こすこと。

亜国の王を証明する 玉璽を手に薄星到着~。
しかし再会を喜び合う時間はありませんでした・・・。

亜姫の宣誓を得て 遂に 曾国王となった旦ですが
土妃の裏切りにより追い詰められた王は
旦ではなく----亜姫に襲いかかったのです。

1度は王の刃先をかわし亜姫を守った薄星ですが
 2度目はかわせず-----。
  その刀に飛び込んだのは なんとあの爺・・・段謹。

 あなたは変わってしまわれた・・・
 王のもと重臣だった彼のこの言葉には悲哀が溢れています。
 
「主(旦)に勝利をもたらすことこそ我が喜び----
    死出への旅路は私がお供つかまつります・・・・」

彼はこの国の行末を旦に託し--王と逝くことに・・・。  
  
かつて亜姫は彼に叫んだ。
人を排除し、有材な人物を潰し 誰もいなくなった国で
いったい誰の上に立つつもりなのか--と
 


  何かをなす為には 親兄弟を捨て、誰にも頼らず 誰も信じず・・ 
  孤独に耐えてこそ王----


 最後まで その信念を貫き通し 逝った彼に
 亜姫の言葉は 届くことはなかった・・・ようだ。

 「おまえはあの売女(土妃)の残酷さに遠く及ばん----」 
彼の言葉を胸に亜姫は前を向く。

 曾王同様、土妃もまた 何かをなすために手段を選ばない人だということを、
 十分知っているからだ。

 でもそれは間違っている----。
 それは 旦同様 亜姫にとっても ゆるぎない思いになったようだ。 

 この争いの中で 翠蝉も 逝ってしまいました(涙)
 
「・・・かわいそうだなんていうな。
  傍にいられることが幸せだったのだ・・」
 
自分と同じ想いを胸に生きてきた----
  彼女の心を代弁する薄星に涙です・・・・・。


光は その思いを静かに心に刻み 自らの顔を 切り裂き誓った。
 これからは光(兄)ではない。
 旦の傍で彼を支え・・彼女の分まで生きる事を--(涙)

 そして 亜姫も誓う
  土妃を倒し亜王になることを---。

 でも 曾王は、いや旦もしらないだろう----
 彼女が目指す 国の姿が
 誰もが等しく暮らせる世界だということを・・・・。。
    
  さぁ---お手並み拝見だ!!

---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2372-f282ae2b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |