現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ


おおぅ・・・。でてる! 
♪さぁ今回は誰のお話かな~・
   しまった・・。また買ってしまったわ・・(高いのに~~!) ----------------------------------------------------


わたしはお前があきらめたもののすべてだ
 
美しいドレスの中に恋心を隠して・・フェルゼンと踊ったあの舞踏会の夜--
それは 彼への思いを断ち切る為でした。
そしてそれは オスカルが男の人生を生きると決意するきっかけにもなった・・

今作では 連載当時描かれたエビを絡ませながらオスカルのこの時の苦しみや悲しみを意表を突く形で描いています。

父上感謝いたします。私にこのような人生を与えてくださったことを。
もう後悔はございません。私は軍神マルクスの子として生きましょう。


その苦しみの先に導き出した彼女のこの言葉に涙したのが昨日の事のようです

   
  ◆永遠に時を刻む時計(自分)をつくってほしい----。
それは死を前にした・アントワネットの希望だったという・・・。

どんな衝撃にも耐え 時差・日付に対応し、永久に動き続ける時計---。
ブレゲは持ちうる全ての技術を結集しなんと19年の年月をかけてその時計を完成させたという。
その時計の名は「アントワネットNO160」

フランス王妃という栄華を極めた彼女が最後の時を刻んだのは暖もない牢獄。
夫は斬首、子供とも引き離され孤独の中斬首される日を迎えた彼女の髪は真っ白だったという。
本誌ではそんな中でありながらも 誇り高く死んでいった彼女の姿を再び蘇らせています(涙)。
ブルゲができるはずもない・・・その時計を創ろう・・と思ったのはそんな彼女を後世に伝えたいと思ったからなのかもしれません。
池田さんは贅沢の限りを尽くしたアントワネットの印象をガラリと変えた人--。
彼もまた そんな人の一人であることは間違いないのではないでしょうか・・。
---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/2475-f868b7d9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |