現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


Q1 語りたい漫画!
A1 ポーの一族
私を漫画好きにさせた原点漫画です♪

po-55
Q2 お話はこんな漫画!
A2 不死となり永遠を生きることになった少年のお話

Q3 こんな人にオススメ!
A3 全ての方に(笑)

Q4 オススメキャラ!存在自体が愛!!!
A4 もちろん 主人公「エドガー」様です!!

Q5 この漫画で悪い奴はこんなこともしてますぜ
A5 エドガー様は時に人を殺めます・・・・。>

Q6 ○○○は○○○だから○○○だと思う!!(○→字数制限無し)
A6 命は 限りがあるから 尊いのです・・。

Q7 好きなシーン!
A7 全編に挿入される美しい詩と絵にこめられた思い。

Q8 泣けるシーン!
A8 妹メリーベルが霧のように消え、1人取り残されるエドガー。
Q9 感動シーン!
A9  エドガーが 人にもどりたい・・。と願うシーン。
   エドガー,がアランを妹を 仲間にしてしまう葛藤シーン


Q10 思わず にやけるシーン!

A10 エドガーとアランが寄り添うシーン(笑)

Q11 不覚にも笑ってしまったシーン
A11 アランがエドガーのいない一週間 羽を伸ばしてデートするシーン。

Q12  漫 画 P R タ ー イ ム ! ! !
物語は時代を超えて展開。異端におびえ、生むものも創るものもなくなぜ生きているのか・・。
少年のまま永遠を生きることになった彼らの悲哀が美しくもせつないです。
彼らを畏れながら、焦がれる人の姿も印象的です。


Q13  漫画に登場するキャラPRターイム!!(キャラ口調で)
A13 我一族死せば風に舞う 塵と消え・その行く 果てもなし・・。 


Q14 オススメ漫画の素晴らしさは語りつくせましたか?まだならここで叫んでください!
A14 何百年もの時を生きているエドガーの あなたも目撃者になってください!
po-44                                     
                                     このバトンに答える

ポーの一族詳しくはコチラをクリック!!

---------------------------

コメント

これも好きです

三十近くで知った作品だっただけに、まるで気分はオービンというか。

「小鳥の巣」の続編がいまだに待ち遠しいです。

自分的にはやはりリデルのくだりが切なかったというか。

JIN様♪

コメント本当にありがとうです。私は10代でしたが、
衝撃でしたね~。この作品は!!
そうそう!私もオービンのような心境で
「彼に会いたい」と思いました(笑)
リデル私も好きです。
小鳥の巣の続編・・いいですねぇ~。
まだまだいろんなエピソードがありそうなのにね・・。
エドガーはその後どうしたのか・・。
私の中では今だ彼はどこかで・・。
と信じておりますけどね・・・e-234

「小鳥の巣」については

 『11月のギムナジウム』や『トーマの心臓』と合わせて、「萩尾ギムナジウム三部作」と見ることも出来ますよね。

 エドガーたちがイギリスを出た唯一の話としても印象が深くて。

JIN様♪

おおぅ。「萩尾ギムナジウム三部作」・・ですね~♪
誰が殺したクックロビン・・。
小鳥の巣はちょっとサスペンスもあって魅惑的ですよね~。

『パタリロ!』の

 「スターダスト」編でも触れてましたよね。

 「誰が殺したってわけじゃないんだよなあ。エドガーがアランが来るのを待ってて窓から落ちただけじゃないか。それをキリアンが見ていて・・・・・・」

 当時は何の事か分かりませんでしたが、これでやっと分かりました。

 このマザーグースについては由貴香織里先生の『伯爵カイン』でも使ってましたね。

JIN様♪

パタリロのアニメでは歌になってましたね(笑)
マザーグースの詩は様々な作品に登場しますが
とても意味深ですよね~。
ロビンを殺したのは それは私・・・。と涙する
エドガーやキリアンの姿がせつなかったですよね。
彼は幻の天使に手をのばして落ちたのでしょうが・・
彼を張り出し窓に追い詰めたのは
だれでもない、親ですよね・・・(涙)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/555-59398054
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |