現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

horikita

 佳音と殉也の幸せを・・。美月も、昴も、兄も・・・。
 複雑な思いを抱えながら 祈り続ける・・。
 「イノセント ラブ」とは・・
   愛する人の幸せだけを祈れるってことでしょうか?
 何をされても相手を怒る・ってことなく身を引ける人たちの物語??
  人はこんな風にはなれんだろ??

聖花も誰かのために祈ることがあるんだろうか?
彼女の気持ちは最後までよくわかんなかったね~!
昴は結局 こんな彼女を 殉也のために
 ずっと面倒みるんだろうね・・。気の毒すぎるぅううう・・
 
 私は天使様が堕天使になる様が。。みたかったのになぁあ!
そんでもって昴の大暴れが見たかったのにぃ・・。残念(笑)kao06

ブログランキング・にほんブログ村へ↓に続く  1話~はこちら♪

 

 
  ----------------------------------------------------

「俺ね、ずっと前から思ってる人がいるんだ・・。でも相手は気付いていない。
俺は聖花を愛したことは一度もない。 他にいるんだ、好きな人が・・・」

キタ-*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

 天使様殉也・。どうでる??だけを(苦笑)楽しみにしていたのにぃ・・・・・。
 結局それ以上はいえなかった昴くん・・そんなに彼を困らせたくないの・・・(涙)

殉也と佳音の結婚式・・。
貴方達・・。大事な友達がみんなどんな気持ちなのか・・知らないのかぃ・?(涙)
みんなの代弁者のようにその結婚式をブチ壊す聖花・・・。
なんと殉也の上にダイブしたのだ~!!!!
パンツのときのように彼が助けに来るくるってしってたね~!?
彼女の気持ちはなに~???嫉妬なの??う~ん。
貴方にはもっと違う存在であってほしかったなぁ・。

聖花・殉也たすかるものの やっぱ今度は殉也が目を覚まさない~!!!
オルゴールをならし続け、献身的に尽くす佳音の姿に・・
美月は2人の幸せを思い・・静かに身を引いた・・・。
兄耀司も祈っていた。
心の底の余計なものが邪魔をして、妹の幸せを心の底から願うことができなかったらしい・・。
・・って何が邪魔してたのよぉおおおお~????しりたかった・・。

昴。眠っている殉也に告白~。
「殉也、俺好きな人って お前なんだ・・・。ビックリだよな。。
オレはもうお前とは会わないつもりだったんだ。でも俺はお前の側にいるよ・・・」

殉也の手に頬を寄せる昴・・・。
 くぅううううう(涙)  ちょっと幸せ・・ちょっと満足(笑)kao03
コレでENDにしてくれてよかったのに♪
 
殉也は目を覚ましたがちょっとへん。昴の告白聞いてたの????
って期待したのに・・。なんと 聖花を探しはじめた~。
それを見た佳音は再び身を引くことに・・・。
何~!!この展開は・・・>>>
「殉也さんが一番喜ぶ事を…殉也さんの喜ぶ顔がみたいんです」
ってあんたは昴の思いをしりながら 聖花を任せたくせに。
殉也。殉也って・・!昴を何だと思ってんのよぉおお!!!

って何でこんなに昴に肩入れしてるのか・・自分でもわかんない(笑)

 結局佳音を思いだした昴は 聖花をおいて佳音の元に走ったのでした・・。LOVE
なんだこの HAPPY ENDは・・。
 自分が幸せなら人のことはどうでもいいと・・・??
 
「愛って何だと思いますか。
愛には過去も未来もない。
好きだという胸いっぱいの気持ちを
この笑顔を一瞬一瞬つなげていく事、ただそれだけ。
気が付けば、至る所に愛はあるのです。」
 
佳音ちゃん。
 愛ってそんな生易しいもんじゃないわよ~!!



---------------------------

コメント

佳音ちゃん、幸せボケして周りが見えてないんでしょうね(苦笑)
昴が佳音にとって凄く都合のいい存在になってました(-"-;A ..
私も気がついたら一番まともに昴に肩入れしていたので、
あまりにも昴が可哀想な最終回でした。

みんと様♪

綺麗にまとまっちゃったね~。
昴が気の毒で・・。
しばらく感想が出てこなかったです(笑)
ラスフレは「一番知りたかったこと」がすっぽりぬけてたかんじだったけど
この作品もやっぱそんな感じ。
この天使2人の結婚は
 私にはおままごとみたいって感じましたよ(涙)

>人はこんな風にはなれんだろ??
あははっ!もうくろねこさんのこの一言に尽きますね!(笑
こんなにドラマブロガーの方々へ問題を投げかけた作品が
あっただろうか!? いやない!(爆

私も最後に昴がもっとハジけてくれるのを期待してたので、
あの告白には「GJ!」となりましたが、
結局は聖花を押し付けられて…気の毒な…。
そういえばゆずは昴のことは思い出したのかしらねぇ。
最後の記憶が戻ったゆずダッシュには爆笑しましたよ。
普通のドラマなら感動を呼ぶはずなのに…(苦笑
でも皆様の突っ込み感想がおもしろかったから、まぁいっか…。
(<いいのか?!

夕来様♪

私も昴に期待してただけにがっくりきましたわ~。
みんなお綺麗な人たちでしたけど
私が心から 「心が綺麗~」って思えたのは彼だけだったわ(笑)
もう何がたりないって・・。
人間くささだったかもですね~(笑)
なんだかどこにも誰にも共感できないさびしいドラマだったです~。
私も皆さんの突っ込みに笑いをもらった感じですぅうう~(笑)

残念・・・

あたしも昴が1番イノセントだと思いたかったけど
未だに殉也との挙式前夜の聖花との1件が信じらんない・・・
あれは聖花が遺書にウソ書いたんだって信じてたのに
劇中ではそんな描写はいっさい無く・・・
そんなあばずれ聖花を、一時は殺そうとした昴なので
今回も、殉也をあんなひどい目に合わせた聖花を
殺っちゃってくれても良かったのになぁ。←鬼?(笑)
まぁ、今からでもそのチャンスは充分あるし~←やっぱ鬼や~!

こんばんわ♪

>なんだこの HAPPY ENDは・・。
 自分が幸せなら人のことはどうでもいいと・・・??

いや、ほんと。そういうドラマでしたね^^;
純愛って2人だけの世界の事なのね。。。
昴くんの事も、少しはかんがえてやって欲しかった(; ;)

変わった月9でありました。

来期は、面白そうな予感~♪
またよろしくお願いします(^^)

のんけの人に告白するのは勇気がいるだろうね。意識不明のうちにキスでもしちゃえば良かったのに・・・。
しかし、ほんと自分たちだけが幸せならそれでいい無神経カップルでしたね・・・。

こんばんわ

メリークリスマス♪

最終回ってことで感想書いたのですが、あいにくFC2さんにだけTBが飛ばないのですみません(><)
うちよくあるんですよね・・・。

いやぁ、世紀の突っ込みドラマでした。
本当最後は昴が可哀相で・・・。
暴れてもいいんだよ?
ってその鬱憤をブラッディマンデイに持ってたっておっしゃる方がいらっしゃって、まさにそのとおりだなぁと。

いやぁ、感想かいてない作品だったのですが、ブロガーさんの感想読むのが面白かったドラマでした(^^)

今年はお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします♪

http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/200812220002/

まこ様♪

それも殉也のためだったんですよ。
聖花は「じゃないと殉也を傷つけるよ!」とでもいって
昴を脅して・・。そんでもってしかたなく・・。
今聖花の面倒を見てるのも殉也のためだしぃい(涙)
だから昴はやっぱ純粋なの。きっと・・v-345

うはは♪ほんとうにねぇ。
しかしこの小悪魔聖花は・・しぶとそうよ~(笑)

くう様♪

「 純愛って2人だけの世界の事なのね・・」
ぷふっ。これが周りが見えなくなるってやつね。
ほんと。 昴くんが気の毒でした・・・。
こちらこそまた 来期よろしくお願いしますv-300

お気楽様♪

そうですよね~。
告白したとたん拒絶されるのは必須ですもんね・・。
ほんと・・どうせ会わないつもりだったならこう・・がばっとね~(笑)
綺麗なお話なはず?なのに
やっぱこの2人の無神経さや鈍感さは引きましたね~。
1年お世話になりました。又来年も宜しくですv-360

なぎさ美緒様♪

e-234 メリークリスマス!! なんですね~(笑)
うはは!ホント昴には「コチラ」でもぜひ 暴れてほしかった・・(笑)
残念無念です!!
私はもうどこにつっこんでいいやら・・。
ブロガーさんたちのつっこみは勉強になりました!!(笑)
TBの不都合は私も1年泣きました・・。
コレに懲りず 来年もどうぞよろしくお願いいたしますね~e-489

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T3449] 「イノセント・ラヴ」最終話

フジテレビ系月9ドラマ「イノセント・ラヴ」オリジナル・サウンドトラック最終話佳音は、殉也と結婚式を挙げた。だが、そこに耀司の姿はなかった。耀司は仕事を理由に結婚式には出席しなかったのだ。披露宴が始まる前、佳音は耀司に電話をして、感謝の言葉を伝えた。同じ...
*---------------------------------------------------------------

[T3450] 「イノセント・ラヴ」悲劇のヒロインファイナル殉也に悲劇が襲い掛かるも佳音の必死の看病で記憶を取り戻し再び幸せを取り戻した

「イノセント・ラヴ」最終話は結婚式を控えた佳音と殉也だったが、聖花が式場に突然現れ殉也はとっさに聖花を庇った影響で殉也は記憶喪失状態となってしまう。必死に看病する佳音は殉也の回復を祈り美月らに協力を頼んだりした。そして次第に殉也は回復し、聖花が殉也の目...
*---------------------------------------------------------------

[T3451] イノセント・ラヴ 最終話 「永遠に」

車の修理工場で働く耀司(福士誠治)に電話する佳音(堀北真希)。「ごめんね。一言だけお兄ちゃんに言いたくて、今までありがとう。ありがとね。私お兄ちゃんがいなかったら、きっと今日まで生きてこられなかった。だから殉也さんに出会えたのも、今日ここにいるのも全部お兄...
*---------------------------------------------------------------

[T3452] イノセント・ラヴ 第十話最終回「永遠に」

殉也(北川悠仁)と教会で結婚式をあげた佳音(堀北真希)結婚式に欠席した耀司(福士誠治)に、佳音は電話をする。「ごめんね、一言だけお兄ちゃんに言いたくて。今までありがとうありがとね」「今日そっちにいけなくてごめんな」「ううん、分かってる。あのね、お兄ちゃん。私...
*---------------------------------------------------------------

[T3453] イノセント・ラブ最終回

まさか最後でこんなことになるとはね~びっくりだよお兄ちゃんに電話する佳音聖花とパリに行く予定の昴。昴には想ってる人がいたしかも10年越しの恋相手は気づいてないらしい聖花じゃない?じゃあ相手は誰?聖花、飛び降り自殺か!?殉也が・・・・・三日間も意識が戻ら...
*---------------------------------------------------------------

[T3454] イノセント・ラヴ(ラブ)最終回(第10話)『永遠に』感想

今年のツッコミ納めですぞ~!クリスマスの惨劇だ!血の祝祭だ!コレ何てぶらっでぃまんでい!?あーコレ無くなったらもう全力で突っ込む事もなくなるし腑抜けになりそうだwはいはい結婚式ですね(超投げ遣り)ゆずスマイル全開ですわ。お兄ちゃんは車の整備工場で勤労青年中...
*---------------------------------------------------------------

[T3455] イノセント・ラヴ 最終回

イノセントな人々が織りなす恋模様、というより、ミラクルな人々の「アッと驚く」諸々と「そんなバカな!」を楽しむ、むしろ、サプライズなオハナシでしたね (^_^;)ヾ 自慢じゃないけれど、空気も展開も、その読めなさっぷりでは自信あります(これこれ) でも、こ?...
*---------------------------------------------------------------

[T3456] イノセント・ラヴ 最終回 感想

『永遠に』
*---------------------------------------------------------------

[T3457] 【イノセント・ラヴ】第10話 最終回と統括感想

昴。いつか聖花と結婚しないの?いつか笑い会える日が来るといいな。オレと聖花とお前と・・・佳音も一緒に。お前が聖花を愛したような意味でオレは聖花を愛した事はない。他にいるんだ。好きな人が。お前が愛してる人って、誰なんだ?のっけからKYな暴言大爆発な殉也・・...
*---------------------------------------------------------------

[T3458] 《イノセント・ラヴ》最終回

新郎 長崎殉也 新婦 秋山佳音をとわに愛し 守り抜くことを 誓いますか? 式は始まった。 耀司は、出なかった。 藤堂が訪ねてきた。そこへ、佳音から電話がかかった。 兄への感謝と、これから幸せになるからと言うものだった。 泣く耀司。
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/597-00c48314
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |