現在の観覧者

現在の閲覧者数:

参加してます♪


プロフィール

くろねこ♪

Author:くろねこ♪


絵:みみこ

★ご訪問ありがとうございます。
こちらはくろねこの漫画・ドラマ・アニメ感想ブログです。
リンクフリー。コメント・TB大歓迎。
拍手感謝です!励まされております♪

★当ブログの画像は著作物の1部を引用しております。
 関係社からの警告には早急に従います。


カテゴリー


1週間の集計♪

  ブログパーツ

ラギネイはいまや恐怖政治らしい・・・。
その内情を探りにきたユージィンはナジェイラに王宮に案内される
sintaku.jpg
クインザ登場。ナジェイラの手をとりユージィンに告げる。
「彼女は未来のラギネイ王妃・そして・・。
               私の最愛のお方」


廃人同様となったソマンドとの結婚。
彼女はクインザの企みに乗ったらしい・・・。

私にはわかるの。神が教えてくれた・・。
クインザは私の最高の夫!。
私を退屈させることのない男だと・


ナジェイラは本当はクインザがスキで見えなかったんだろうな。
    クインザの本当の姿が・・・。
rk.jpg にほんブログ村 漫画ブログへ
 ↓に続きます!
----------------------------------------------------

  ---所詮 小娘。神託の意味を
  あやまって取るあたり  巫女としても使えぬわ!
!---
 
   mikotositemotukaennwa.jpg    
  「悪党め・・・・!!」
  そうです。。ユージンのたらしこみとは2味も違います!!
  ナジェイラをどうたらしこむのか  期待してたのに~!!
  やっぱあっさりものにしちゃったのね・・・。

「みごとだな。クインザ。僕も殺す?」
「私は殺し屋じゃありませんよ。ですが国のためなら殺します
何百人でも何千人でも・・。国家のための殺人は殺人ではない
ソレは尊い犠牲と呼ばれるのですから」

    --魔 王 光 臨!! --

リーレンの別邸でひと時の平和に浸るルマティですが
ノエイ登場で一気に空気が変わる。
ounohuukaku.jpg
今やラギネイはソマンド派と ルマティ派 そして共和国派の
3つの勢力が渦巻いているらしい。

ノエイには軍へ接触を。セズンには王室内部の接触を指示するルマティ。
その姿に指導者の風格を感じるノエイ。

---国民に王室の不満を募らせ革命を起こし、王宮の腐敗を一掃し、
その後ルマティを王に迎える---
 それがクインザの計画。

「間違ってる!私が止めたい!!」という花鹿に
「止められない。彼は今や 我々の最も手ごわい敵だぞ!!
絶対ライギネイにはいくな!」と冷たいリーレン・・・


ouikeisyousya.jpg
花鹿はラギネイの第一王位継承者
すべてを賭け、ルマティを王位につかせようとしている
クインザがソレをしったら・・・。

花鹿の抹殺を企むだろう・

ラギネイを思うと心がざわめく・・という花鹿。
花鹿の思いに歯止めは利かないことを感じるリーレンの
葛藤が苦悩がせつない!!号泣
 不穏な風が吹いてます。

---------------------------

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

---------------------------------------------------------------

件のトラックバック

[T5393] 『花咲ける青少年』#26「傀儡」

「クインザは今、我々にとって最も手ごわい敵だ」 シンガポールにいるルマティたちと合流した花鹿。 あとどれだけこの平穏な日々を過ごせ...
*---------------------------------------------------------------

[T5395] 花咲ける青少年第26話&アニメギガ

★第26回 「傀儡(からかい)」 どうみても事後です。本当にありがとうございました。 ナジェイラを女にした子安クインザさん。 一体どん...
*---------------------------------------------------------------

[T5407] 花咲ける青少年 第26話 傀儡

 クインザが黒すぎですね。久しぶりにこんな真っ黒なキャラをみました。
*---------------------------------------------------------------

[T5411] 「花咲ける青少年」 ♯26 傀儡

第26話 傀儡 初回放送:2009年 10月25日(日) あらすじは  公式サイト  より → ソマンド王主催のパーティーへ、王室の内情...
*---------------------------------------------------------------

[T5412] 花咲ける青少年 第26話 「傀儡」

相変わらず不穏な政治のままのラギネイ。 そんなラギネイにこれ以上花鹿が首を突っ込まないようにしたいリーレン。 どう頑張っても花鹿は確実に首を突っ込むような気がするのは気のせい?
*---------------------------------------------------------------

[T5448] 花咲ける青少年 26話

前回は「曹ラギネイ極秘ファイル」という事で総集編でした。 マハティとキャスリーンの出会いから、ルマティの恋人のキスまで。 最後はルマ...
*---------------------------------------------------------------
トラックバックURL
http://edoga.blog22.fc2.com/tb.php/904-09f88ce6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
-------------------------------------------------------

 | BLOG TOP |